情熱ひろば
(国際農業開発学科)

拡がる農学

東京農業大学を海外の方々に紹介するとき、よく、日本で最も古く最も大きい農学の私立大学 と説明します。今、”農学”の範囲は、微生物から環境問題まで、生産から加工、地域創成まで、国内から海外まで と幅広くなっているので、その説明はなかなか大変ですが、学部や学科の構成を示すことで理解してもらっています。四月からは新学部、新学科を加える改組が進みます。開発学科の皆さんも、東京農大ではどのような学科があり、どのような研究をしているのか、HPなどを見て知っておいてくださいね。

画像は、日本で最も古い学校とされる足利学校の門。ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東(関東)の大学」と記されているそうです。

校友会全国の支部会長が集合

全国の卒業生で組織される校友会。各県に支部会があり、様々な活動を行い、また、東京農大の活動にも支援をしています。今日は、支部長会がありました。どなたからも感じるのは、熱い母校愛。学生さんも卒業したら、あるいは、就活などでも、頼りになる先輩方を訪ね、地元の支部会にも参加してみては!

まだまだ チャレンジ

昨日は入試結果発表でした。兄弟姉妹、後輩、教え子さん、お知り合い、いかがでしたか。

東京農大では、どうしてもこの学部に!という受験生の皆さんに、これから出願、受験できる学部志望型入試を行うとのこと。但し、出願締切日が迫っています。大学のHPで、確認して下さいね。開発学科で一緒に勉強できますように!

ベトナムの月

調査などで、あちらこちらで月や星を見る機会はあっても、画像は意外に無いです。農村、農作物、珍しい食べ物などと違い、天体は専門外のせいか、撮影が難しい。ということで、これはベトナムの月。ベトナムの伝統芸能が見られるハノイ水上人形劇場で、入場客に配られる扇子。ベトナムや中国などでは、よく見られる水牛に乗って笛を吹く童子のデザイン。満月です。

トルコの月

惑星ということで、次は月ですね。
これはトルコ イスタンブールの月です。
調査などで、あちらこちらで、月を見たり、星を見たり。東京で見るのと同じ月なのですが、感慨は一入です。

ページの先頭へ