情熱ひろば
(国際農業開発学科)

エチオピアの稲作に貢献

エチオピアの稲作振興に貢献するプロジェクト Ethio Riceのオフィスを訪問。アムハリ語で日本と書いてあるそうです。

稲作研究 開発学専攻の卒業生が活躍 in エチオピア

灌漑稲作研究をしている農業研究センターで、研究のディスカッション中。開発学専攻の卒業生が母国で活躍しています。

毎日 肉! 肉食開発学科生はエチオピアへどうぞ

朝から、牛肉や羊肉とインジェラを三食食べている感じです。味や焼き方がそれぞれのお店で違うので、それはそれで楽しみ。でも、副菜は基本ゼロなんです。ときには、生肉も味わえます。お店の入り口で注文すると、お皿で出てきますが、一食一人当たり500グラムくらいが基本量という説も。

コーヒー発祥の地でコーヒーを味わう

エチオピアではレストランなどで、ブンナというコーヒーを味わうことができます。乳香などの香煙とともに炭火で暖められたコーヒーが運ばれ、小さなカップに砂糖(か、塩でもいいそうです!)とともに若い女性が一杯ずつサービスしてくれます。ヘンルーダ(ルー)の小枝も一緒についてきて、これをちぎって混ぜて香りをつけて飲むとのこと。普通のレストランなのに、一瞬にして、濃厚な香りと味に引き込まれます。

見えた!アフリカ大陸

航空機の窓から撮った写真は、本人はわかるけれど、他の方々にはわかりにくい、とは知りつつも.....アラビア半島を越えてアフリカ大陸が見えてくると、やはり感激してしまいます。

ページの先頭へ