情熱ひろば
(国際農業開発学科)

五稜郭の地図

東京農大の創設者 榎本武揚公にゆかりのある函館五稜郭の図です。
日本初の洋式城郭でもある五稜郭は、榎本武揚公から、明治2年(1869)5月に明治政府の兵部省へ明け渡されました。その後、開拓使本庁として使われましたが、明治6年12月に五稜郭跡地の管理者が陸軍省となった時の資料(地図)とのとです(国立公文書館で6月20日まで公開)。国立公文書館には、榎本武揚公関連の文書がまだ、いろいろと残されています。

特待生 おめでとうございます

6月28日、成績と人物が優秀な学生に授業料の減免を行う東京農業大学特待生が選ばれ、学科での授与式が行われました。今年度、国際農業開発学科からは12名が選ばれ、入江学科長から一人一人に特待生証が手渡されました。おめでとうございます。

論文中間発表会

先週に続いて、6月28日、国際農業開発学専攻修士2年、および、博士1,2年生の中間発表会が行われました。修士2年ともなると、さすがに成果もたくさん出ています。さらに、博士1,2年の研究も多岐にわたり、後輩修士院生からは、やっぱり博士(課程の先輩)はすごいですね、の声が。終了後は懇親会で盛り上がりました。、

さらに、東京農大のために!

平成30年6月27日(水)に開催された学校法人東京農業大学第44回理事会において,開発学科の教授でもある志和地弘信先生が常務理事に選任されました。東京農業大学だけでなく、学校法人東京農業大学傘下の東京情報大学、あるいは、3つの高校、2つの中学校の経営を大澤貫寿理事長の下に担っていくという大切な職務です。ご担当は、総務・人事とのことです。

納豆で血糖値を下げる!

開発学科で4月から助教をされている辻先生のご研究、「納豆が血糖値を抑える」が、健康の雑誌Fytteに紹介されました。東京農大の正門なども撮影されています。

納豆 フィッテ
で検索、あるいは以下をどうぞ。

https://fytte.jp/healthcare/23028/

ページの先頭へ