情熱ひろば
(国際農業開発学科)

初の秋入学者が修士論文発表会 MS thesis presentation

8月1日、国際農業開発学専攻の最初の秋入学生が、修士論文発表を行いました。タンザニアでの調査と研究室での実験を組み合わせた内容に加えて、英語での発表と質疑応答も堂々たるものでした。秋入学生の卒業式は秋に行われます。

福島から桃 Peaches from Fukushima

開発学科の卒業生で、お二人がそれぞれ福島県でかんばっています
果物が豊富な福島県、みごとな美しさ、そして甘さの桃です。
画像は、福島県の美しく、また甘ーい桃。
中々食べられないところを、美味しく味わっています。
開発学科生も、福島県の応援に頑張りたいですね。

暑いので梅干し Umeboshi to supply NaCl

猛暑の熱中症対策にと、和歌山県のJA梅干し工場には例年の1.5倍から2倍程度の注文が来ているとか(NHKニュース 8月1日)。暑さで売り上げや収穫が増えたり、減ったりする農産物は、まだまだありそうです。画像は土用干の梅。photo byYS

期末試験もあと、2日 Two days to go

期末試験の真っ最中。研究室も人が少なめ。でも、試験が終われば夏休み。心身を休めたり、生活をリセットしたり、さらにはボランティアに、国内外での農業実習、卒論研究 と開発学科の学生さんたちは、予定がいろいろあるようです。

ページの先頭へ