情熱ひろば
(国際農業開発学科)

四月からは全てが、新しく

新入生を迎え、新しい先生をお迎えし、新しいサイエンスポートで、学部事務室も新設され......と、新しい四月が、始まります。開発学科も新たな航海への船出です。新型コロナウイルス感染症防止のため、穏やかとはいえない船出ですが、このような時こそ、人間力が、試されます。開発学科の良いところが十分に発揮される、良い航海を。

長く担当してきました情熱っ子も、今日で卒業です。四月からは新しい担当者にバトンタッチします。
これからも、国際農業開発学科の”情熱ひろば”をよろしく!

季節はずれ

日曜日に降った雪が、世田谷区キャンパスではまだ、残っています。卒業年次生も、大方が新しい任地へ、故郷へ。なごり雪です。

また 何度でも いつでも

新型コロナウイルス感染症防止のため、ゆっくりと名残を惜しむことができませんでしたが、開発学科はいつでも、皆さんを応援しています。皆さんも、開発学科、そして後輩たちを応援してくださいね!

画像は、キャンパスの近隣に最近設置されたマップ、そして、今年の桜。

テレビ出演、ご覧ください!

開発学科の熱帯作物学研究室志和地先生が、3月29日日曜日のTOKIO鉄腕ダッシュに出演予定とのこと。夕方だけでなく、総集編は14時から。こちらにも出演されるようです。

社会のためにも外出は出来ない週末、テレビを見るのはいかが?

重要な答申

農林水産省の食料・農業・農村政策審議会は25日、新たな「食料・農業・農村基本計画(案)」を、江藤拓農水相に答申しました。この審議会の会長は本学の高野克己学長です。農業の様々な諸問題において、農政改革の継続、生産基盤の強化、国内需要のみならず輸出の重要性も視野にいれたものだそうです。

ページの先頭へ