アンダンテ
(管弦楽部)

芽吹祭

こんにちは、トランペットパートのタケシです!
段々蒸し暑くなってきて、梅雨到来って感じですね…この時期は湿度が高くて楽器吹きにとってはチョット嫌な季節です。

さて今回は、農大春の文化祭「芽吹祭」のお知らせです!
芽吹きと言うには若干遅い気はしますが、来たる6月11日の日曜日、農大の世田谷キャンパスにて開催致します!

「芽吹祭」というのは、農友会の文化団体が集い農友会各部の特色ある展示や発表を行う、部活動による文化祭のことで、「文連音楽祭」、「文連祭」、「芽吹祭」へと名称や形態を変えながら、40年以上に渡って親しまれてきました。
今回は「しかと見よ!農大文化の真骨頂!」というサブタイトルを掲げ、色々な部活と協力して作り上げています。

また、我が管弦楽部にとっては4月に入った新入生達の、オーケストラデビューの舞台でもあります!✨
今回管弦楽部では、ジブリの名曲「人生のメリーゴーランド」と、大曲「スター・ウォーズ」にチャレンジ致します!
定期演奏会で披露するクラシカルな交響曲も良いですが、親しみやすい映画音楽に取り組めるのも芽吹祭の醍醐味ですねー

現在は新入生も上級生も、芽吹祭に向けて最後の追い込み中!
それぞれ個人練習、パート練習、セクション練習、学生指揮者による合奏練習なども重ね、皆頑張っていますよー!!

管弦楽部としては他にもアンサンブルステージ、ロビーコンサート、弦楽器体験ブース、そして百周年記念講堂でのオーケストラ演奏等々、大活躍します!

蒸し暑い梅雨の曇り空を吹き飛ばせるような演奏を目指し頑張りますので、週末は是非とも芽吹祭へお越しください!!

新しい仲間!!

こんにちは。
フルートパートのろーらです!

最近とても暑くなってきて 半袖で過ごしている人が多く見られますし、部室では既に冷房をつけている日もあります(;´・ω・)
でもそれはさらに部室に熱気が溢れてきているからかもしれません!!

ということで遅くなりましたが、今回は先日5月14日(日)の新入生歓迎コンパの様子についてお伝えいたします!

今年も多くの新入生が管弦楽部に入ってくれました!
現時点で27人入ってくれましたので、総部員数約80人となりました!
27人中Vnパートが11人だとか・・・(*'▽')
だんだんと総部員数が増えてきているのではないかと思います!

コンパでは、まず2〜4年生が他己紹介をしました!
人数が多いので一人20秒ずつ。さすが3,4年生は少し慣れてきた感じはありましたが、みんな個性が強く、楽しい人達ばかりなので20秒で紹介するのは難しかったですね。。

それが終わると今度は新入生が一人ずつ前で自己紹介!!
毎年恒例、名前などを言った後に一発芸をしてもらったのですが、物まねをしたり歌ったりマジックをしたり…
一人ひとりクオリティーが高く、正直全員すごかったです!

ちなみに今回コンパのごはんを作ってくれたのは2年生! 餃子とピザ(?)おいしかったです!

新しいメンバーも加わり、これからの練習や行事を行っていくのがとても楽しみです!

交響曲第7番

練習を初めてから本番が終わるまで約4ヶ月、あっという間でした。

こんにちは!チェロパートのマチュピチュマンです!
先日の4月23日、たましんRISURUホールにて、第107回定期演奏会を無事開催することができました。
今回もたくさんの方がご来場してくださりました。本当にありがとうございました。

当日はとても良い天気で、空の高い所には巻雲が浮かんでいました!おかげさまで晴れやかな気持ちで本番を迎えられました。

実は私、このような演奏会の本番ではほとんど緊張しないタイプの生物 なのですが、1曲目のJ.Brahms作曲「悲劇的序曲」の冒頭の和音を弾いた瞬間から緊張感に包まれました。
専ら短調が好きな私にとってはとても気持ち良い空気でした!「悲劇」の曲なのにこんなことを言っていいのかわかりませんが...笑

続いて2曲目、E.Grieg作曲「叙情組曲」で、先ほどの「悲劇的序曲」とはガラッと空気が変わりました。私も背中に木管のかわいらしいメロディを感じながら楽しく演奏させていただきました。

そして今回のメインプログラムはA.Dvořák作曲「交響曲第7番」でした。私もこの曲が好きで、でもなかなか難易度が高いこともあって...

ここ最近の選曲で挙がっては落とされを繰り返していた曲なので、やっと演奏会で弾くことができて本当に嬉しかったです!本番で4楽章を弾いているときに「もうしばらくこの曲を弾くことはなくなっちゃうのか... 」とふと思って寂しい気持ちになりました。なのでそこからは好きなように全力で弾きました!

また、今回「交響曲第7番」の2楽章ではロンドン初演稿という現在ほとんど演奏されない2楽章を取り上げたのですが、なんとその改訂版、つまり普段ほとんどの演奏会で演奏される2楽章をアンコールで演奏させていただきました!
やはり、ドヴォ7、すばらしい曲ですね。

この第107回定期演奏会を私なりに振り返ると、楽しかった!チェロを弾くこと、そしてオーケストラで演奏することが好きだと改めて感じました。

もちろん、たくさんたくさんの課題が山積みですから、次の演奏会まで引き続き練習に力を入れたいと思います!


そうだ!次の演奏会といえば、なんと、なんと、農大オケが、あの東京オペラシティで演奏会を開催することになりました!Oh!!OPERA CITY!!

現在絶賛選曲中ですので、是非次の演奏会にも足を運んでいただけたら幸いです。
これからも農大オケの応援をよろしくお願いいたします!

定期演奏会まであと…

気づけばあと5日となりました。時間って過ぎるの早いんですね。

今回ブログを担当する、トロンボーンパートのt7です。

演奏会に向けて、各曲の仕上げも急ピッチで進んでいます!
1曲1曲、それぞれ思い入れがあり、どれも聞いてほしい曲ばかりです。
そこで今回は、各曲の聴きどころ(個人的主観)を書いていこうかと思います。

まずは、ブラームス作曲の「悲劇的序曲」。
大学祝典序曲と対をなす「泣く序曲」として書かれた曲です。ブラームスとだけあって、和音が繊細で綺麗ですね。 物凄く神経を使う曲ですが、自分は大好きです。

続いて、グリーグ作曲の「叙情組曲」。
今回は、グリーグが編曲した際にカットされた、「Klokkeklang(鐘の音)」を追加した5曲を演奏します。
1曲目の「Gjætergut(羊飼いの少年)」はとても神秘的な曲で5曲の中では一番好きな曲です。弦とハープだけなので自分は演奏していませんが…

最後に、今回のメインプログラム、ドヴォジャーク作曲の「交響曲第7番」。
今回は、1885年のロンドン初演稿版を演奏します。Googleで検索してもなかなか出てこない、原典版です。
一般的に演奏されている改訂版より、2楽章が約40小説ほど長いのが特徴です。ご注目ください。
個人的には3楽章と4楽章が好きです。3楽章は出番がありませんが。

この3曲、部員一同一生懸命練習してきました。 ぜひとも、演奏会にお越しください!

--------------------------------------------------------------

「東京農業大学農友会管弦楽団 第107回定期演奏会」
・日時
2017年4月23日(日)
14:00開演(13:30開場)

・場所
たましんRISURUホール・大ホール(立川市)

・曲目
ドヴォジャーク:交響曲第7番(1885年ロンドン初演稿)
ブラームス:悲劇的序曲
グリーグ:叙情組曲

真っ白春合宿

こんにちは。農友会管弦楽部です。
今回ブログを担当します、チェロパートのさっちゃんです。

管弦楽部は、先日春合宿を行いました。
バスで長野県の志賀高原に向かい、4泊5日の合宿です。雪も降っていて東京と比べると寒いのですが、見渡す限りが真っ白でテンションが上がります!!
室内はもちろんとても暖かいですよ!

合宿には、指揮者の先生やトレーナーの先生方にも参加して頂きました。普段の練習とは違い、一日中トレーナーの先生方にご指導して頂き、部員一同とても成長しました。
練習だけでなく毎日宴会もあり、先生方や部員同士で親睦を深めることができました。
プロで活躍されているトレーナー先生方に、貴重なお話を伺うことができました。
4日目の演芸大会では合宿を振り返ったり、部員の新たな一面が見られたり…宴会場では大爆笑が起こってました!

次回定期演奏会は

「東京農業大学農友会管弦楽団 第107回定期演奏会」
・日時
2017年4月23日(日)

・場所
たましんRISURUホール

・曲目
ドヴォジャーク:交響曲第7番ニ短調 作品70(1885年ロンドン初演稿)
ブラームス:悲劇的序曲 作品81 ニ短調
グリーグ:叙情組曲

です。
レベルアップした農大オケをぜひ聴きにきてください!!


さて、そろそろ新一年生が入学してくるころですね!
新入生歓迎のイベントは、随時twitter(@nodaiorche)でお知らせします!チェックをお忘れなく!
管弦楽部の部室は、生協のある建物の3階にあります!
初心者大歓迎! いつでも見学オッケー です!お菓子を用意して待ってます!

ページの先頭へ