アンダンテ
(管弦楽部)

21才の薪能

私事ですが、21才になりました!

どーん

いきなりですが、21になりましたっ(二回目)。

お盆と言うことで誕生日の前日から母の実家の盛岡に行く夜行バスに乗っていまして、誕生日はどっかの高速道路の上で迎えました。

午前3時
トイレ休憩のため福島のサービスエリアでバスを降り、帰りにココアを買って歩いていたら、サービスエリア特有の段差でこけました。
21才で初めてやったことは、人生で初めて降り立った地、福島でココア片手に転んで左膝から大出血したことです。
ネタ過ぎて、21才はきっと面白い一年になるんだろうなと思いました。


次の日は親戚の案内で中尊寺に行きました。お盆だし、人がいっぱいでいっぱいで…
偶然にもその日は、中尊寺 白山神社にある能楽堂で毎年行われている「薪能(たきぎのう)」が行われる日でした。今年は東日本大震災の影響で、二年ぶりの開催だったそうです。
私が能楽堂に行った時は準備をしていて、スタッフの方が暑いなか作業をしていらっしゃいました。普通、薪能というのは仮設舞台で行うものがほとんどらしいのですが、中尊寺では1853年に再建され、国の重要文化財にも指定されている能楽堂を今も使用しています。

能楽というのは15世紀〜16世紀に発達した民衆芸能です。私達管弦楽部がいつも演奏している西洋音楽では、ルネサンス期に当たります。そう考えると、どれだけ古いんだと…。私なんて練習でたまーにバロック期のものを吹いてみても「わはぁー……」となるのに、それより前の時代ですからね…。現代ではいわゆるクラシック、伝統芸能という言葉でくくられることがほとんどですが、改めて長い歴史と変遷を経てきたと感じます。

もちろんその日の公演の座席は既に売りきれていたので、おばあちゃん家に帰ってからめんこいテレビの放送で少しだけ見たのですが、いやあ、迫力でした。
すっごい静かで、良い意味ですっごく空気が沈んでいるんです。波風立たないとはこのことかと。能楽堂自体があまり大きくない舞台なのですが、多分、能楽堂の周りにある杉木立や、山々も舞台の一部なのでしょうね。素敵ー!
同じ時代の芸術なら、ルネサンス音楽より能楽が見たいな と思ってしまいました。浮気…。

久しぶりに自国の芸術に触れられて、とっても良い経験になりました!待ってろよボロディンー!

早く膝直らないかなー…

\だっさい/

夏休み♪


もう夏休み始まっちゃってます。


相変わらず気候が変わりすぎて怖い(>_<)

暑さで楽器が悲鳴あげていて、どうにかしたいですよね!!

部活のオフになにする?なにする?ってなったとき、

ぐだり、バイト、就活とかやる人いると思います。

でも今年は楽しみましょ!

海、山、BBQ、花火楽しさMAXの武器ありますよ(笑)


ちなみに今年の部活はマッチョになりたいのが多いらしく、鍛えてるらしいよ

今に見てろ、私はマッチョ化で夏で変わってやるって言う女の子もいるらしいよ(笑)


マッチョ化計画推進委員会

テスト直前!

こんにちは!

夏の暑さも厳しくなってきましたね!

駅から農大までは距離があるので、この時期は徒歩で通うものとしてはヘトヘトです…。(^^;)

私はそんな長い通学時間を利用してクラシックを聞いています♪

管弦楽部の部室にはたくさんの音源がおいてあるので様々な作曲家の曲を聴くことができ音楽の幅を広げることができます。
アンサンブル大会の音源などもあるので、自分達の演奏も聴けちゃいます♪

同じ曲でも指揮者、オーケストラが違うだけで全然違う雰囲気になるのでおもしろいですよね(^^)

これから試験も始まりますが、息抜きに音楽を聴くのもいいなと思いました(^^)

ではテスト頑張りましょう!


日傘がーる

第98回定期演奏会

さて、

少し遅くなりましたが、報告させて頂きます。

第98回定期演奏会のメインプログラムが決定しました!


ボロディン/交響曲第2番


です\(^^)/

来たる11月24日(土)に向け、各パート、練習が始まっています。

皆さんに素敵な演奏を届けられるように、部員一同頑張っていきたいと思います(`O´)ノ!

お楽しみに♪



Han's

ページの先頭へ