アンダンテ
(管弦楽部)

後期突入!

こんにちは!

とうとう後期授業が始まってしまいましたね(>_<)
管弦のみなさん、授業はさぼらずに、ちゃんと受けましょう!


そしていつの間にか、季節も秋になり、大分涼しくなってきましたね。

セミ爆弾で散々恐怖にさらされた今年の夏も過ぎ、代わりに、帰り道ではコオロギが鳴いております。
コオロギ爆弾はなかなかないですよね。とりあえず安心( ̄▽ ̄)←


それはさておき、話はガラリと変わりますが、最近あるテレビの録画を見ました。
地震の被災地、東北のとある高校の吹奏楽部についてでした。
学校が津波の被害にあい、楽器が津波で全部だめになってしまったそうです。トランペットなどが水浸しだったり、コントラバスの弦が全部切れてボロボロになった写真が出てきて、見るに耐えませんでした。
(今は寄付で新しい楽器がたくさん揃っているそうです。)

そのことを思うと、今、私たちが普通に音楽できていることだけでも改めて感謝しないといけない、と思うのでした。
普段は、皆あまり気にしないことだけど、たまにはそんなことを思い出して、感謝していると、また前に進めそうな気がします^ ^


そして、オケのHPをご覧になった方はご存知だと思うのですが、第98回定期演奏会のプログラムは、

ボロディン/交響曲第二番
リュイ・ブラース/メンデルスゾーン
序曲、スケルツォとフィナーレ/シューマン

に決定しました!

メインのボロディンという人ですが、本業は化学者。いわゆるアマチュアの作曲家なのです。

ちょっと前ですが、生化学の授業にボロディンが出てきました。何とかの反応を発見した人だったんですが…うーん、思い出せない 笑

というわけで、ボロディンと私たち、境遇的にはすごく似ているのです。
農大オケにぴったりの曲ですね(^ ^)

無料ご招待券、受け付けていますのでどうぞ部室にお電話ください☆


M.S

合宿

9月になりましたが、まだまだ暑いですね。
金管楽器も溶けそうな気温が続いております・・・。

さて、東京農業大学管楽器部ですが、合宿を行いました!

農大管楽器部の合宿は5日間です。朝9時30分から夜22時まで、三食挟んでずーっと練習をします。
おまけに宿は24時間音だし可能、夜中までVnの音がどこからともなく聞こえ、朝5時頃Tubaの音で起きる・・・なんて事が毎日です('∀`)

合宿には各パートのトレーナーの先生がいらっしゃいます!
朝から晩までプロの先生方に指導していただき、夜22時以降は大広間にて宴会が行われます。
この宴会は先生方の貴重なお話が聞ける、交流の場です。木管セクションでは、今年はファゴットのリードの作り方をご指導していただいたそうです、すごい!

最終日の夜には、部員による笑いあり涙ありのイベントがあったとか・・・!?


このように、農大管楽器部は毎年二回合宿を行っています!
次の合宿も、お楽しみに〜


でみこ('е`)

ページの先頭へ