アンダンテ
(管弦楽部)

春合宿

こんにちは。
もう3月も終わりますが、だんだん暖かくなってきましたね。
今回、ブログを担当します"セロ弾き"です。

先日、春合宿のため志賀高原(長野県)へ行ってきました。
合宿は、4泊5日間です。
文字通り、同じ釜のメシを食べる日々を過ごし、部員同士より調和がとれてきました。

練習は、朝10時から夜10時の12時間あります。
※休憩込。また、中三日間のみです。

12時間というとスゴイですが、実際はあっという間に終わってしまいます。
終わると淋しいと思う暇なく宴会がはじまります。
一日が長い!!笑

合宿の中三日間は、常任指揮者の先生をお呼びして毎日合奏です。
また、トレーナーの先生方もいらして、セクション・パート毎にレッスンを受ける時間もあります。
沢山の伸びしろが見つかりワクワクします ( ´ ▽ ` ) !

毎日の宴会、3日目には雪山(ゲレンデ)登り、最終日には演芸大会と遊び心も忘れません。
先生方と各々好きな物を飲み食いしながら過ごす時間は、面白いしタメになります。
※ただし、飲み過ぎると、忘れます。

そして、何故「長野県」なのか。
正直、遠いです。
しかし、都会っ子には非日常感がスゴイのです。※私は千葉県民です。

志賀高原の雪景色 を見ながら、今次の演奏会のプログラムの「フィンランディア」と「カレリア組曲」の作曲者シベリウスの故郷・フィンランドを思い浮かべます。
長野、いいところです。皆さまにも一度、足を運ぶことをオススメします!

本番まで、あと1ヶ月切りました。どんな演奏会になるのか。乞うご期待下さい!!

記念全練 〜 卒部 〜

そろそろあったかくなるころでしょうか…?桜も咲き始めましたし、もうすぐ春になりますね。
初めまして、幼稚園児だとか小学生とか言われてるけど大学生のびよら弾きです。

さて、先日は管弦楽部で毎年恒例の記念全練というイベントがありました。
記念全練とは、今年卒業する4年生が今まで演奏した曲を全部員で演奏するというイベントです。下級生にとっては初見大会という色んな意味ですごいイベントですが、色んな曲を知ることも出来ますね。

その後の追い出しコンパ で、卒部生は少し早いですが卒部証書をもらいました。これでもう卒部だと思うと、ちょっと悲しいですね。
一次会の後、すずしろにて二次会が行われました。二次会は卒部生が椅子を出したり料理を並べたりして部員をおもてなししました。


実は私ももうすぐ卒業します。私は2年生ですが、短大部なので卒業です。
いやー2年間あっという間でしたねー。私は部活でヴィオラを弾いてきましたが、ピアノ以外の弦楽器に触れたのは大学に入ってからです。最初の頃よりは音の出し方が分かったような気がします。
成長しました! 誰か褒めてほしいです!笑

管弦楽部に入って、音楽を奏でて、様々な人とお話出来て、食べて飲んで、たまに馬鹿みたいなことして本当に幸せでした。
これからは卒部生として、管弦楽部を応援したいと思います。今までありがとうございました!

ページの先頭へ