アンダンテ
(管弦楽部)

強化練真っ最中!

こんにちは!チェロパートのここちゃんです。
寒さも和らぎ、梅の花も咲き始める位になりました。

管弦楽部では記念全練を終え、強化練も中盤にさしかかってきました。
強化練は、大学の長期休暇中に皆が集まって練習する行事です。

合奏するときに感じるのですが、みんな音に人それぞれ個性があります。
合わせることももちろん大切なのですが、気持ちが一体となって音を奏でる瞬間、とても楽しいものです。

これは個人で練習しているときには感じられないものであり、さらに弦楽器や管楽器、打楽器と多くの楽器があるオーケストラの魅力だと思います。

練習真っ最中の次回の定期演奏会は

「東京農業大学農友会管弦楽団 第107回定期演奏会」
・日時
2017年4月23日(日)

・場所
たましんRISURUホール

・曲目
ドヴォジャーク:交響曲第7番ニ短調 作品70(1885年ロンドン初演稿)
ブラームス:悲劇的序曲 作品81 ニ短調
グリーグ:叙情組曲

です!
ぜひお越し下さい!!

記念全練のおはなし

こんにちは クラリネットパートのてらぴです。
寒い日がまだまだ続きますね…。

さて先日ですが、雪 もちらつく中、管弦楽部では記念全練がありました。
記念全練とは、「卒部される先輩方が過去に演奏した思い出の曲を、部員みんなで演奏して振り返ろう」という行事です。
ちなみに、練習は一切なし。

ぶっつけ本番です。

また、当日の指揮者は曲ごとに部員の中からランダムに選ばれるのです。末恐ろしい。
私も振りました。結果は…部員が知ってます。えへへ。

とはいえ、いろいろな曲に触れる事が出来る行事なので 私、すごく好きなんですよね〜
「先輩は○年生の時にこの曲を演奏したのか…すごいなあ…。」なんて考えたり。

先輩ってとっても偉大。
この部活に入部して、演奏技術だけでなく、様々なことを教えていただきましたし、沢山お世話になりました。ありがとうございます。

しみじみ。



ここまで書いてきましたが、私、実は短大2年生なので卒業年次生でもあるのです。4年生の先輩方と一緒に卒部と考えると不思議な感じがします。
私も先輩方のように 何か残せていたらいいなと思います。(何か出来てたかなあ…。)



2年間がとてもあっという間に過ぎていったのですが、蓋を開けると、苦楽を共にした部員との思い出が密に詰まっています。
「充実」
とは正にこの事ですね。

本当にこの部活に入ってよかったなと、心から思いました。
皆さんありがとうございました。
これからは、OGとして影ながら応援しています(^^)

ページの先頭へ