アンダンテ
(管弦楽部)

新しい仲間!!

こんにちは。
フルートパートのろーらです!

最近とても暑くなってきて 半袖で過ごしている人が多く見られますし、部室では既に冷房をつけている日もあります(;´・ω・)
でもそれはさらに部室に熱気が溢れてきているからかもしれません!!

ということで遅くなりましたが、今回は先日5月14日(日)の新入生歓迎コンパの様子についてお伝えいたします!

今年も多くの新入生が管弦楽部に入ってくれました!
現時点で27人入ってくれましたので、総部員数約80人となりました!
27人中Vnパートが11人だとか・・・(*'▽')
だんだんと総部員数が増えてきているのではないかと思います!

コンパでは、まず2〜4年生が他己紹介をしました!
人数が多いので一人20秒ずつ。さすが3,4年生は少し慣れてきた感じはありましたが、みんな個性が強く、楽しい人達ばかりなので20秒で紹介するのは難しかったですね。。

それが終わると今度は新入生が一人ずつ前で自己紹介!!
毎年恒例、名前などを言った後に一発芸をしてもらったのですが、物まねをしたり歌ったりマジックをしたり…
一人ひとりクオリティーが高く、正直全員すごかったです!

ちなみに今回コンパのごはんを作ってくれたのは2年生! 餃子とピザ(?)おいしかったです!

新しいメンバーも加わり、これからの練習や行事を行っていくのがとても楽しみです!

交響曲第7番

練習を初めてから本番が終わるまで約4ヶ月、あっという間でした。

こんにちは!チェロパートのマチュピチュマンです!
先日の4月23日、たましんRISURUホールにて、第107回定期演奏会を無事開催することができました。
今回もたくさんの方がご来場してくださりました。本当にありがとうございました。

当日はとても良い天気で、空の高い所には巻雲が浮かんでいました!おかげさまで晴れやかな気持ちで本番を迎えられました。

実は私、このような演奏会の本番ではほとんど緊張しないタイプの生物 なのですが、1曲目のJ.Brahms作曲「悲劇的序曲」の冒頭の和音を弾いた瞬間から緊張感に包まれました。
専ら短調が好きな私にとってはとても気持ち良い空気でした!「悲劇」の曲なのにこんなことを言っていいのかわかりませんが...笑

続いて2曲目、E.Grieg作曲「叙情組曲」で、先ほどの「悲劇的序曲」とはガラッと空気が変わりました。私も背中に木管のかわいらしいメロディを感じながら楽しく演奏させていただきました。

そして今回のメインプログラムはA.Dvořák作曲「交響曲第7番」でした。私もこの曲が好きで、でもなかなか難易度が高いこともあって...

ここ最近の選曲で挙がっては落とされを繰り返していた曲なので、やっと演奏会で弾くことができて本当に嬉しかったです!本番で4楽章を弾いているときに「もうしばらくこの曲を弾くことはなくなっちゃうのか... 」とふと思って寂しい気持ちになりました。なのでそこからは好きなように全力で弾きました!

また、今回「交響曲第7番」の2楽章ではロンドン初演稿という現在ほとんど演奏されない2楽章を取り上げたのですが、なんとその改訂版、つまり普段ほとんどの演奏会で演奏される2楽章をアンコールで演奏させていただきました!
やはり、ドヴォ7、すばらしい曲ですね。

この第107回定期演奏会を私なりに振り返ると、楽しかった!チェロを弾くこと、そしてオーケストラで演奏することが好きだと改めて感じました。

もちろん、たくさんたくさんの課題が山積みですから、次の演奏会まで引き続き練習に力を入れたいと思います!


そうだ!次の演奏会といえば、なんと、なんと、農大オケが、あの東京オペラシティで演奏会を開催することになりました!Oh!!OPERA CITY!!

現在絶賛選曲中ですので、是非次の演奏会にも足を運んでいただけたら幸いです。
これからも農大オケの応援をよろしくお願いいたします!

ページの先頭へ