OKHOTSK野球部マネの独り言
(オホーツク野球部)

秋季リーグ戦 最終節結果

こんにちは

第5節(最終節)の結果です

9月27日(土)対旭川大学(1回戦)
4−1で勝利  開幕9連勝
マジック1だったため、この勝利で2季ぶり24回目の優勝が決まりました

先発は風張(4年)。優勝が決まるプレッシャーのかかる試合にも関わらず、落ち着いた投球で6回途中まで3安打1失点と試合を作る投球を見せた
6回途中から玉井が相手打線を抑え込み、無失点ピッチング
打線は4回先頭の池沢(4年)がスリーベースヒットで出塁し、相手バッテリーミスにより、先制
続く、4番福原(4年)がライトにホームランを放ち追加点
続く5回には池沢のタイムリーヒットで1点を追加、6回にも足を絡めた攻撃で1点を追加した。
ヒットは少なかったが、効率よく得点につなげた
優勝は決まったが、大きく喜ぶこともなく、明日の試合に勝ち、完全優勝をする強い現れを感じる優勝の瞬間であった


9月28日(日)対旭川大学(2回戦)
4−1で勝利  10戦全勝で完全優勝

先発は井口(3年)。前日の優勝の瞬間に感じた選手の完全優勝に向け、マウンドに上がったが、いつもの投球が出来ていなかった
力みがあり、コントロールも定まらないピッチングであったが、そこは来年の柱となる投手だけに、要所を締めて6回まで10奪三振1失点で凌いだ
7回からは安定感抜群のエース玉井が火消を行い、そのまま最後を締めくくった
打線は5回までヒット1本に抑えられていたが、6回に相手のFCで同点、代打奥野(4年)のタイムリーヒットで勝ち越し、7番樋越(3年)の2点タイムリーツーベースヒットで加点、この回一気に4点を挙げ、逆転し、勝利した
なかなか達成できなかった全勝優勝を1996年春以来37季ぶりに達成した

しかし、完全優勝したのにも関わらず、派手な喜びもなく、監督の胴上げもなかった
これは次の戦いに向けた選手の気持ちであると理解する

次の戦いについては、近くにブログで紹介します


最後に、秋季リーグを最後まで応援していただいた皆様、ありがとうございました

次の戦いも応援をよろしくお願いいたします

秋季リーグ戦 第4節結果

こんにちは

第4節の結果です


9月20日(土)対苫小牧駒澤大学(1回戦)
3−1で勝利  開幕7連勝

先発は風張(4年)。首位決戦の第一ラウンドであり、緊張した面持ちでマウンドに上がるも、8回まで無失点ピッチング
しかし、完封勝利目前の9回2アウトから1点を取られたところで降板
2番手にはエース玉井(4年)。最後の打者を三振にとりゲームセット
相変わらず投手陣は安定している
打線は、初回に4番福原(4年)の2点タイムリーヒットで先制
3回にもキャプテン平(4年)の2塁打から相手のエラーも絡み追加点を挙げた
投打がうまく絡み、大事な首位決戦の第一ラウンドを勝利した


9月21日(日)対苫小牧駒澤大学(2回戦)
11−0(7回コールド)で勝利 開幕8連勝

先発は井口(3年)。初回から力のあるストレートを中心に相手打線を6回まで無失点に抑える好投
2番手は7回から左腕伊波(2年)が登板
今リーグ戦初登板とあり、緊張からかピンチを迎えるも、1アウト取った後は落ち着きを取り戻し、最後は4−6−3のダブルプレーでゲームセット
打線は、相手先発の長身左腕に4回まで無失点に抑えられるも、5回に福原の満塁ホームランで一気に火が付いた
5回に6得点、6回に2得点、7回に3得点、計11得点と大爆発
特に3番池沢(4年)が3安打3打点、4番福原(4年)が2安打5打点の活躍を見せた
首位決戦第二ラウンドも勝利し、優勝マジックは1となった


第5節(最終節)は以下の通りです。
対旭川大学(苫小牧緑ヶ丘球場)
9月27日(土)10時30分開始予定
9月28日(日)8時開始予定

優勝が決まる最終節です
引き続き、皆様の応援をよろしくお願いいたします

秋季リーグ戦 第3節結果

こんにちは

第3節の結果です

9月13日(土)対函館大学(1回戦)
1−0で完封勝利  開幕5連勝

先発は風張(4年)。6回途中までノーヒットピッチング
6回途中からエース玉井(4年)が登板し、ピンチを凌ぎ無失点リレー
終わってみたら風張、玉井のノーヒットリレーで完封した
打線はチャンスを作るもあと1本が出ず、嫌な展開であったが、3回に3番池沢(4年)のタイムリーヒットで1点を挙げ、その1点を投手を中心に守り切った


9月14日(日)対函館大学(2回戦)
2−0で完封勝利  開幕6連勝

先発は井口(3年)。やっと巡ってきた先発投手とあり、気合が入っている投球を見せ、5回まで無失点ピッチング
6回からは玉井(4年)と繋ぎ、6試合連続完封勝利
打線は、前日同様にチャンスは作るがタイムリーがなかなか出ない展開であったが、6回に3番池沢(4年)の犠牲フライで1点、8回に2アウト満塁から代打村尾(1年)が四球を選び、押し出しの1点を挙げた


第4節は以下の通りです。
対苫小牧駒澤大学(あいべつ球場)
9月20日(土)10時
9月21日(日)10時

全勝同士の天王山です
引き続き、皆様の応援をよろしくお願いいたします

秋季リーグ戦第2節結果

こんにちは

秋季リーグ戦第2節の結果です

9月8日(月)対釧路公立大学(1回戦)
8−0(7回コールド)で農大が開幕3連勝

先発は150キロ右腕の4年風張。
5回までに10奪三振の好投
6回からは右サイドスローの2年高橋が2回を無失点で継投し相手断線を完封した
打線は初回から毎回得点で7回コールド勝ち
特に4年福原が2塁打と3塁打のロング2本、3年深瀬が2塁打を含め3安打、リーグ戦初ベンチで初出場となった2年鎌田が代打起用に応え2塁打を放つ活躍をみせた

9月9日(火)対釧路公立大学(2回戦)
7−0(8回コールド)で農大が開幕4連勝

先発はエース4年玉井。
相変わらずの安定感で5回まで相手打線をヒット1本に抑える
6回からは3年井口に継投し、前日と同様に完封リレー
打線は5回までで3点と寂しかったが、6回以降に加点し8回コールド勝ちとなった


第3節は以下の通りとなります
対函館大学(あいべつ球場)
9月13日(土)8時開始予定
9月14日(日)10時30分開始予定

応援をよろしくお願いいたします

開会式を盛り上げてくれました

こんにちは

先日、網走呼人球場にて開幕しました秋季リーグ戦の開会式を農大応援団、チアリーダー部、吹奏楽部が盛り上げてくれました

吹奏楽部の素晴らしい演奏のもと、各大学の選手が行進し、チアリーダー部の演舞で華やかにし、最後は応援団が北海道学生野球連盟に対し、エールを贈ってくれました

これからも力強い応援をよろしくお願いいたします

また、網走市長および市内少年野球チームによる始球式も行われました

ページの先頭へ