植物園だより
(植物園ブログ 厚木キャンパス)

植物開花情報 マルバクチナシ Gardenia jasminoides ‘Maruba’ (アカネ科) 2011-06-14

クチナシG. jasminoidesは、キャンパス付近には野生の株は見られませんが、東アジア(中国、台湾、インドシナ半島等)に広く分布し、日本では本州の静岡県以西、四国、九州、南西諸島に自生します。人家などに植栽されるものには、母種であるクチナシ、花が一回り小型のコクチナシvar. radicans、花が八重咲きで香りが強いヤエクチナシf. ovaifoiaがよく知られていますが、ここに紹介すルマルバクチナシ‘Maruba’は、葉は丸く小型で茎は直立性、花は小型で興味深いと思も割れます。   (植物園 伊藤健)

ページの先頭へ