博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

学芸員実習レポート 「日本橋眦膕哀札潺福次淵丱ぅリウム&潮田農園)」

 11月15日(金)「食と農」の博物館セミナー室にて、日本橋眦膕絢膾鼎離札潺福爾行われました。進化生物学研究所の今木明、橋詰二三夫両先生によるバイオリウムツアーの後、東京農業大学のOBである潮田農園 潮田武彦さんを講師に迎え、同氏が開発したニンジンをはじめとして、就農への思いや農業哲学についてお話されました。
 潮田農園でつくられているニンジンは苦味が無く、とても甘みがあります。潮田さんは大学をご卒業後、新規就農され自ら農業に従事するとともに、農業のIT化及び農業生産者へのご指導を行っていらっしゃいます。10年にわたるご研究の末に生み出されたのが、この「究極の人参」なのです!

 スーパーではオレンジ色のニンジンをよく見かけますが、他にも様々な色をしたニンジンがあることはご存知ですか?
 ニンジンの原産はアフガニスタンで、もともとは紫色でした。これがトルコ、オランダ、アメリカに伝わる過程で突然変異が起こり、「西洋系ニンジン」というオレンジ色のニンジンになり日本に伝わったといわれています。また、アフガニスタンから中国へ伝わったニンジンは赤い色をしており、こちらは「東洋系ニンジン」と言われ、我が国の金時ニンジンがこれに当たります。潮田農園のニンジンはこの西洋系ニンジンと東洋系ニンジンを掛け合わせたもの。とても濃いオレンジ色のニンジンなのです。
 講義では試食を交えながら、良いニンジンの見分け方、なぜ甘いニンジンをつくることができるのかをわかりやすく解説していただきました。
 講義に参加された方も積極的に質問され、皆さん熱心にお話を聞いていらっしゃいました。

 潮田農園の「究極の人参」を始めとした野菜は、物産展として定期的に「食と農」の博物館にて販売しています。販売日程は当館ホームページにてお知らせしております。皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。
       (博物館実習生 生物応用化学科M.I)

ページの先頭へ