パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

またまた双子の卵

提携(姉妹)ブログにしていただいている
情熱広場では、大変珍しい
双子のバナナが紹介されていました。

前日に数百本のバナナを扱う学生さんたちのことが
記事になっていたのですが、その活動で見つかったのでしょうが
これこそ珍しいものですね。

さて、例のシックスパック卵ですが、
現時点で6個のうち5個を食べましたが、
はじめが3つ子で、あとはすべて双子です。

それで、トワイライトゾーンにはいってしまったかと、
たまたま卵業者のお知り合いがいる方に
この話をしたところ、
それは、特に餌が違うというのではなくて、
双子の卵は長いので、割らなくても専門家には
わかるのだそうです。
そういうのは、殻も長くて、一般規格のパッケージに
はいらないので、長い卵をいれるためのパックに
入れて、まとめて売っていたのだろうとのこと。

それにしても同様のパックが山積みになって
売られていて、そんなに頻繁に双子がでるとは
知りませんでした。たしかに、値段が安価でした。、

産地直送野菜売場で、大きすぎる野菜や
形のよくない野菜を安価で売っていることがよくあって
お得な気分で買うことがありますが、
一般食品スーパーの卵でもあるのですね。
そういえば、お魚も大きすぎるとか、小さいなど
数の揃わないものは競でも安くなるのだそうです。
まあ、大きいほうは高くなることもあります。
地産地消のお得な農産物の一つかもしれません。
ちなみに、食品香粧学科では北海道のような
大規模農産地で、沢山でてくる規格外品の野菜を
有効利用するための食品加工開発方法についても
研究しています。

ページの先頭へ