パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

実験も佳境に入る

大学院生のG君が
特別研究員Aさんの指導で、
細胞からタンパク質を抽出する操作に
取り組んでいます。

大学院生にとって、佳境に入るという
段階がいくつかあります。

それらを経て、貴重な研究の醍醐味を
味わうとともに、研究者としてのセンスを積み重ねていきます。

ページの先頭へ