パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

新3年生も実験開始

新3年生たちが、先輩の助けを借りずに
実験を開始しています。

何をしているのかというと、
バクテリオシンという、微生物(ここでは乳酸菌)が作る
抗菌性ペプチドの抗菌活性を測定しています。

バクテリオシンはいわゆる抗生物質とちがって、
副作用がほぼないと考えられ、また体内でも
不必要になれば分解されることから
ことに食経験のある乳酸菌が作るものについては、
安全な食品保蔵剤として期待されている物質です。

応用にも結びつく可能性が高いですね。

ページの先頭へ