エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

なぜか…12株。

「Y先生マジック」は、今年も効いているようです!
パラつく雨の中、Y先生が来場されて打合せをしてるうちに空は明るく!?(すっごーい!!)

本科野菜実習は、良い塩梅の薄曇りの中で行われました。
「このお天気は、最高ですね〜」、とY先生もニコニコでした。

写真 Ъ遜台にて、モロヘイヤのポット播種からスタート。
「よし!僕がやるぞ!」って気合を入れ過ぎるほど、触っても毒性はありませんから…。
(食べちゃダメですよ!)

写真◆続いて直播のものへ。
トウモロコシとインゲンを、先生から提示された作付図に従って播種しました。
「マルチの穴開けって、結構難しい…。」
「グリグリしながらやってくださいって、U職員に教わったよ。」

予定では10株のインゲンが、なぜか12株になってしまった班がひと班。
(皆さん、ジックリ見てくださいね!)

写真:トウモロコシとインゲンマメを播種した畝には、防鳥のためにネットを展張しました。
「うわっ〜、なんかプロっぽいね!」「カッコイイね!!」
ここB−2班さんだけは、「黒丸君」の代わりに「ポールパッカー」でネットを固定してもらいました。
(私:M職員が最近見つけて、「これは良いかも知れない!」と思い、Y先生にお願いしてひと班だけで試用させていただきました。
好評であれば、今後全班に採用されるかも知れません…。)

写真ぁ大玉トマトと、ミニトマト2品種を定植しました。
株元には巾広ニラを抱き合わせて、ネコブセンチュウからの被害を防ぎます。
仮支柱を立て、誘引の麻縄を結ぶY先生の手元に熱視線。
(今年の本科生は、緻密に記録を撮る方が倍増ですね。
記録は何よりの肥やしになります。頑張ってください!)

ページの先頭へ