エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「これ、な〜んだ?」

前回は、あまりの猛暑に実習内容を大幅に変更した本科の花実習でしたが、今日は実習中だけ薄曇りで助かりました。

写真 Дスミソウやダイアンサスなどの播種と、ポピー、宿根ネメシアとラグラスの移植からスタートしました。
播種はもう手慣れたもの(?)でしたが、箱播きした苗のプラグトレーへの移植に苦労しました。
「こーんな細かいのを移植するの?」
「大きくなると移植に弱いものは、このくらいの時に動かします。」
「苗を拾い上げるのさえ大変だわ。」「根が言うことを聞いてくれない〜。」
「T先生が仰るように、播くとき苦労するか、それとも楽して移植で苦労するか、なのねぇ。」
「まったくだぁ〜!」

写真◆続いてプリムラ類の鉢上げを。
「播種用土の肩が、用土から飛び出しててはいけませんよ。」
「え〜、肩って?」「デベソになってるってことよ。」「しっかり肩まで用土を足しましょ。」

写真:さて、これは何でしょう?
用土の量も、苗の深さもほぼ適切ですが…
「こりゃあプリムラじゃないですよ〜。雑草ですよ〜。」「ええっ!?」
「鉢上げしたの誰だ〜?」(大笑い!)
(お仕置きに「パチリ!」)

写真ぁР崔鼎叛擴崟Δ隆浜も、シッカリ行いました。
(同時に、少数先鋭がコリウスの剪定を行いました。)
土曜日の豪雨で倒伏したコスモスには、支柱を添えました。

写真ァЪ穫も沢山!(ナイス笑顔、ありがとうございます!)
「M職員さん、収穫した花と我が班の女性陣、どっちが綺麗だい?」ボソッとA−1班の男性…(ど、どっちもですよ)。

ムシムシと暑い中、お疲れ様でした!

ページの先頭へ