博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

博物館実習レポート「特別展『鶏―クラシックブリードの世界―』講演会」

9月16日(土)午後13時30分から、現在開催中の特別展「鶏―クラシックブリードの世界―」の講演会が行われました。講師は東京農業大学 農学部 バイオセラピー学科教授の小川博先生です。台風も迫りお足元の悪い中、たくさんのお客様にご清聴頂きました。

特別展のテーマにも入っているクラシックブリードとは、古典的な品種の鶏のことを指すそうです。考古学的には鶏の起源は4000年以上前とのことで、どれだけ人と鶏が切っても切り離せない関係にあるのかがわかります。鶏の起源はセキショクヤケイという東南アジアに生息する野鶏です。今回の特別展では貴重な野鶏4種の標本も展示してあります。

鶏と聞くと私はどうしても「食」のことを考えてしまいます…。鶏肉や卵は食べない日はないのではないかと思うほど口にする機会が多いですね。今回は地鶏として有名な名古屋コーチンのお話もありました。

しかし、実は食用以外にも鶏たちは私たちを楽しませてくれるのです。
例えば鳴き声。品種によって長く鳴くものや、甲高い声をだすもの、強い声をだすものなどいろいろあります。鶏の鳴き声は「時を告げる」とも言われており、お祭りや占いにも使われているそうです。
そして、鶏同士を争わせる闘鶏。中には足に剣のようなものを付けて闘わせるサツマドリなどもいます。
その他にも、姿を愛でる愛玩種ということで尾長鶏やチャボなど姿かたちが特徴的で美しく、可愛い品種も多数存在しています。

展示室には沢山の鶏がいますが、皆さんのお気に入りはどの子でしょうか?特別展内でもまだまだ投票は行っておりますので清き一票をよろしくお願いします。ちなみに私はアジア種の全身真っ黒なスマトラがかっこよくてお気に入りです!

特別展「鶏―クラシックブリードの世界―」は10月15日(日)までの開催です。
ここまで多くの品種を見られる展示はなかなかないそうなので、是非当博物館に足をお運びください。
                    (博物館実習生 農学科 A.A)

ページの先頭へ