アンダンテ
(管弦楽部)

追い出しコンパと記念全練

こんにちは!
コントラバスのみっちーです。
暖かくなって、花粉がよく飛ぶようになりましたね…今年は特に多い(体感)。

さて、去る3月4日には卒部生が主催する記念全練&卒部生追い出しコンパが行われました!
どちらも毎年行っている行事で、記念全練はこの春卒部する4年生が過去の定期演奏会でやった曲を部員みんなで演奏する、観客のいない初見演奏会です。
この選曲は部員からアンケートをとって7曲選ぶのですが、今年はショスタコーヴィチの交響曲12番を2度やるという異例のプログラム。ほんとショスタコ大好き過ぎでしょう先輩…。
この曲は2年前の11月26日に横浜みなとみらいホールで行った第106回定期演奏会のメインプログラムで、個人的には管弦楽部で初めて弾いた曲ということで思い出深く、また盛り上がる箇所の多い曲ですが、容赦のない速弾きが難しかったですね。

その後の追い出しコンパでは卒部生の先輩方に卒部証書をお渡しし、先輩方から一言ずつ話して頂きました!4年間の思い出を振り返ったり、部員に感謝の言葉を述べたり、おすすめの指揮者を紹介したり…
そんな先輩方は3/20の農大卒業式を以て卒部されます。今まで、ありがとうございました。
って書いてますが、僕も今年短大を卒業する卒部生なんです。しかも短大は去年で募集停止しているので僕らが卒業したら誰もいなくなってしまいます。サミシイ。
同期を残して去っていくのは残念ですが、これからはOBとして管弦楽部を支えていきたいです。

長くなってしまいましたが、以上で今回のブログを終わります。読んで頂き、ありがとうございました!

ページの先頭へ