パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

わが師 わが友 パーティー

私の学部時代の同級生で
素晴らしく優秀であった、そしてその後もさらに素晴らしい業績を重ねた
野田 亮 京都大学医学部教授
定年記念パーティーに参加するために、
京都に土日でいってきました。

5時から講演が一時間、ガンの正常細胞への復帰の
メカニズムの研究の深さ、素晴らしい科学者たちとの出会いなど
感動的なお話。
6時からなんと9時まで懇親会。

そこは、ご本人の趣味が表れたそうですが、
まるで音楽会のように、何人かの生演奏がありました。
独奏のピアノが二人、息子さんとお仲間の
4重奏、そして、会の締めくくりは野田さんご家族の
ご本人フルート、奥様ビオラ・ダ・ガンバ、
ご長男バイオリン、次男チェロの4重奏。


科学者として、人としての素晴らしさがあふれた会合でした。
終了時には「わが師、わが友」という業績集/作文集を
いただきました。その表紙は、野田さんの油絵、
そしてなんと裏表紙には、パエリアが記念に贈った俳句が。

さらに二次会に誘っていただき、京都大学医学部の
研究室で、午前1時半位まで話が弾みました。
私は網走から飛行機を二つ乗り継いで参加でしたが、
さらに彼のお弟子さんでアメリカのサンディエゴと
ボストンから二人の研究者が参加していて、
お人柄の素晴らしさを表していますね。

ちなみに私がお送りしたのは、定年を迎えられえた3月末を想定して、
来し方も行方も京の花万朶(きしかたも ゆくえも きょうの はなまんだ)
という句です。

実際に、彼は、定年を迎えたのですが、4月からは
科学倫理系の副学長として、さらに大学の
科学研究の規範を向上させるというお役に着くことが
決まっています。まさに俳句の内容が合致します。
科学だけでなく哲学的な素養も深いというところ、
誠実なお人柄が見込まれたようです。

作文集のタイトルはまさに私にとっての彼、
わが師、わが友
同級生でbest friend でありながら、teacherでも
あって、ずっと私の節目節目の指導もしてくれました。

これからもますますお元気でご活躍ください。
そして、また会えるときを楽しみにしています!

ページの先頭へ