博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

長野県長和町山村再生プロジェクト

平成30年11月18日(日)「食と農」の博物館2階セミナー室にて「地域を活用した特産品開発を学ぼう!〜長野県長和のトマトソース、アマランサス、南蛮味噌の試食〜」が開かれました。
本講座は東京農業大学国際食料情報学部食料環境経済学科の立岩壽一教授が中心となって生徒たちで行われている山村再生プロジェクトの活動についての紹介と、活動の中で生まれた特産品の試食が行われました。今回、9名のお客様にご参加いただきました。

東京農業大学食料環境経済学科 山村再生プロジェクトは、長野県長和町をフィールドに耕作放棄地と伝統文化の再生を通した学生による過疎地域活性化プロジェクトです。
まず初めに立岩教授からこのプロジェクトを始めるまでの経緯、長和町とどのような関係が築かれているか、このプロジェクトを通して地域、学生双方に良い刺激となるようにされている工夫などたくさんの事をお話いただきました。

立岩教授のお話を聞いた後は学生による地域を生かした特産品の紹介と今年の活動報告です。学部の1年生は皆1度必ずこの実習でプロジェクトに参加するのですが、その生徒達とは別にこの活動を行っている学生委員会の学生たちがいます。山村再生プロジェクトは学生委員会の学生たちが中心となって活動しており、活動内容も学生たちで考え地域との協力や町への活動報告映像も自分たちで作成し発表しているそうです!

長和町の特産品には長和のトマトを使ったトマトソース、アマランサス、えごま油などがあります。この特産品を使った料理をプログラム内で試食しました!
アマランサスは南米の食べ物でスーパーフードと言われ栄養価が高く、十六穀米にも含まれている穀物の一つです。食感はプチプチとしていて味はほとんどしないため食材の邪魔をしないという意見がたくさんありました。今回は味噌に混ぜて味噌田楽やポテトサラダに混ぜたりして食べました。えごま油はサラダのドレッシングにして食べたりしたのですがシソ科なのでシソの匂いがし好き嫌いが分かれる商品だなと思いました。
個人的に一番おいしかったのは最後に食べた信州・白樺高原にある長門牧場のアイスです(笑)このアイスはミルクの味がとても濃厚でおいしいです!

試食をした後は参加者の方に一言感想をいただきました。
・アマランサスは現地でどのように食べられているのか?
・どのくらい摂取すると一日の栄養価なのか指標があるといい。
・特徴が無いため目で楽しむ工夫をしてはどうか?
などたくさんの意見がありました!

学生たちも今回初めてこのようなセミナーをおこない、プロジェクトをどうしたらわかりやすく伝えられるか考える時間になり、生の意見をたくさん聞くことができとても有意義な時間であったと話していました。なにより参加してくださったお客様が楽しそうに話をし、セミナーが盛り上がったのがとても嬉しかったようです!

最後に今回ご参加いただいた皆様、ご協力くださった皆様、誠にありがとうございました。

博物館実習生 畜産学科T.Y

ページの先頭へ