情熱ひろば
(国際農業開発学科)

超 〜薄く切ったキャッサバの葉

植物の内部を観察するときに、かみそりで葉っぱなどを薄く切り、顕微鏡で観察します。しかし、もっと薄く切る方法もあります。厚さがわずか50nmくらいというもので、超薄切片といいます。これを電子顕微鏡で観察するのです。
これはキャッサバの葉の超薄切片像。葉緑体、細胞壁そのほかがきれいに観察できますね。

Ultrathin sections of cassava leaf

ページの先頭へ