エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

本科野菜の初収穫は!?

いやー、暑かったです。気温も実習も。
東京では真夏日となりましたが、GA圃場の最高気温は28℃でした(日向では32℃…)。

本科野菜実習の課題は、本日も多岐に渡りましたね。
段々と「管理」に主軸が移ってきました。

本日の課題を挙げると〜、
トマト類・ナス類の脇芽除去、モロヘイヤの間引き(2本へ)、キュウリの下から3節までの果実・花・蕾と子ヅルの除去、エダマメ欠株への追播、そして結構難関のトマト類への雨除け栽培トンネルの設置等がありました。
地道に除草をする方も!!(素晴らしい!)

写真 Д肇泪箸力堂蠏腓と誘引中。
「花が支柱に向いちゃってるのは、グリッと捻じって通路側に向ければいいのよね?」
(その通り!ですが、一回で無理ならば次の誘引で少しずつでも。)

写真◆Д淵坑寡兵錣力堂蠏腓。
「これまだ蕾もないんだけど…?主枝は判るからその下2つの脇芽を残して欠き取れば良いの?」
「まだ花蕾が確認できない場合は、来週まで待ちましょう」、とY先生。

写真:さ〜て、トマト3品種への雨除けトンネルの設置です。
アーチ支柱(通名:キュウリ支柱)を打ち込み中。
「奥から2番目のヤツ、もうちょっと内側に打って〜。横支柱が真っ直ぐにならないから。」
「はーい、これね。」
写真のA−1班さんの様に、高さと幅をジックリ俯瞰する監督役さんがいると、キレイに並びます。
(美しいものは「強い」んです。)

写真ぁП除けのビニール(通名:農ビ)を展張。
「ちょっとこっち短くない?」 「そうだねぇ。」
「じゃあ、ちょっと引っ張って!」 「はーい!」
(すべての班でAポン小作取締役の職員による見本園(見本になってない?)のものより、ピンッと張れていました…。)

写真ァГ修靴董崕藜穫」が2班で!!ズッキーニです!
「初収穫よ〜!!」
(まだまだ野菜苗は幼稚園児か小学生です。
小さな子供に大きな赤ちゃんを産ませると、身体が大きくなれません。暫くの間、果実は早期に収穫してください。
キュウリの5節までの花や果実を除去するというのも、同様の事です。
で、「チビキュウリ」って、美味しいですよね?)

ページの先頭へ