長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

6月実習 2日目

2日目です。
午前中は岡森圃場に行き、エゴマの補植、除草、草かきをしました。雨が降るかもと心配しましたが、ばっちり曇りで比較的作業がしやすかったです。うまく発芽しなかった場所に棒で穴をあけ補植しましたが、補植する苗が少し育ち過ぎていたため深めに穴をあけました。この作業が意外と力が必要なため、みんなで交代しつつ頑張りました。今回はうまく育ってくれると嬉しいです…!
お昼は蔵に行き、町の方と学生委員2人が作ってくれた豚汁とタケノコご飯を食べました。ありがとうございます。ここで力を補給し午後の作業も頑張りましょう!!
午後は池ノ平圃場に行き、キヌアとエゴマの補植、除草、草かきをしました。
午前中に比べるとちょっと雲の動きが怪しくなってきました…さいごまでもってくれ〜
ハンマーナイフモアでは入ることのできない箇所は鎌を使い草を刈っていきます。機械でやるとあっという間ですが、苗を傷つけないように、より成長できるように、大変ですが手作業で行います。みんなでやったのであっという間に終わりました。

一区切りついてので休憩…となったら雨が降り出してしまいました。最後まで作業することは出来ず、切り上げることになりました。
短い間ですが、指導してくださった指導員の方々や役場の皆様、ありがとうございました。

夜のワークショップでは、1日目を踏まえ大学の「教育プログラム」で何をどうすれば長和町の「地域活性化」につながるかを考え、班ごとに具体的なプランを作成しました。ワークショップでは限られた時間内で考えをまとめ、発表する力が大切になります。私は何度か班長をやらせていただいてますが、この力が足りず今回も苦戦しました
しかし!班全員で力を合わせ、どの班も一生懸命発表しました

ページの先頭へ