長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

6月実習 3日目

3日目です!
五十鈴川圃場にて加工用トマトの摘果、除草、てぐす張りを行いました

今年から始めた五十鈴川圃場でのトマト栽培ですが、たくさんの青い実をつけていました!
今回摘果を行った理由としては、ここ数日の高気温によってトマトが実をつけないと!と勘違いをしてしまった様で、十分な成長をしないまま実をつけ始めてしまったそうです。
そこで今回摘果を行うことによって、栄養を全体に行き渡らせることができ、十分に生長してから実がつき収量も増えるそうです!

その後は、鳥獣対策としてぐす張りを行いました。
てぐすはとても細く、これで対策になるのかな?と思いましたが、鳥は体に何かが当たることを嫌がる習性があるそうで、それを利用した対策です。
最終日の作業はみんなで力を合わせあっという間に終わらせることができました!
たくさんの赤いトマトを収穫できることが今から楽しみです

今月も町の方とコミュニ―ケーションを取ることができ、たくさんの新しい学びにつながりました!
これからさらに気温も上がり、農作業が大変になると思いますが、日々の作業を行ってくださる方々に感謝し、来月実習も頑張っていきたいと思ます!!

ページの先頭へ