博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

博物館実習レポート 企画展関連トークショー「野菜と花の品種改良と商品開発」

 2019年6月23日(日)、「食と農」の博物館1階映像コーナーにて、4月25日(木)より開催中の企画展「農芸化学の始まりから未来まで」の展示関連トークショー「野菜と花の品種改良と商品開発」が開催されました。講師には(株)サカタのタネの中田栄次郎さんをお迎えし、東京農業大学応用生物科学部 農芸化学科の山本祐司教授と対談しました。当日は天気があまり良くないなか、子ども連れの方、高校生など幅広い年代のお客様が30名ほど参加して下さり、最後まで面白そうに聞いていらっしゃいました!

 最初に山本教授より農芸化学って何だろう?という基本内容について解説がありました。農芸化学は私たちの暮らしに関わる研究なんですね。身近にある様々なことを化学的にも理解することで生活がより豊かになることが分かりました。

 トークショーでは中田さんにより品種改良や商品開発についてお話がありました。
 品種改良の実際として育種目標の設定を重要視なさっていました。5年後、10年後にどのようなものが社会に受け入れてもらえるかを正確に設定することが大切であり、そのために\源瑳圓陵徊勝↓⇔通業者の要望、消費者の要望の3つの視点があることが分かりました。メンデルの法則やF1種の説明など理科の教科書に出てくるような内容も、実例や図、多くの写真を用いて説明して下さりとても分かりやすかったです。スライドの写真を記録しているお客様も沢山いらっしゃいました。
 サカタのタネでの商品開発では、「常に感動と驚き」があるような差別化された新商品をコンセプトにしていることが分かりました。商品開発の例には、結婚式などでよく使われるトルコギキョウや、多種多様なメロンなどが挙げられました。メロンに関しては、味・食感・色・形などいろいろなタイプがあることに驚きました。国それぞれがメロンに対してプライドを持っており、その国に合った品種改良をしているそうです。

 質問タイムでは、品種改良をサポートする新しい技術である遺伝子組み換えやゲノム編集などについての質問がありました。身近にある野菜や花だからこそ消費者は気になるところですよね。また、品種改良にはとても長い時間が必要だそうですが、トマトなど早いもので5年、玉ねぎなど長いもので15年もかかるそうです。時代に合った、さらに時代を変えていく品種改良には長い時間の中で様々な研究を通し、今までになかったものを作って人々に喜んでもらいたいという思いが詰まっているんだと感じました。

 企画展「農芸化学の始まりから未来まで」は8月5日(月)まで開催されています。ぜひ展示や関連イベントにお越しいただき、生活に密着した化学を体感してみてください。

      (博物館実習生 国際農業開発学科E・A)

ページの先頭へ