北丿大地の技術練習生日記
(網走寒冷地農場)

氷室貯氷庫の給水

農場には氷室があり、そこで収穫した作物などを保存しています。

8月1、2日の2日間で、氷室内にある貯氷庫のコンテナに、水を入れました。
入れた水は冬の間に凍り、その氷があることで夏の暑い時期も室温を低く、なおかつある程度の湿度も保つことができます。
水は蒸発すると減ってしまうため、毎年量を確認して補給給する作業を行います。

練習生S

ページの先頭へ