ホップ♪ステップ♪産経ライフ
(地域産業経営学科)

短期インターンシップ(農業女子)

みなさん、お久しぶりです!自然資源経営学科紹介し隊のゆきまんです!
私はつい先日、農業女子の活動の一環として短期インターンシップに参加しました。
昨年も参加し、今年で二回目の参加になりますが、今回もとても収穫の多い日程となりましたので、今回のこのブログで少しだけ、ご紹介します!

まず、農業女子プロジェクトとは、農林水産省が企画し、農業をする女性を後押しする活動のことです。
今回は農大のオホーツクからは私ひとりの参加になりましたが、その他に厚木キャンパス、世田谷キャンパスの学生が参加し、企業の方、そして高校生も参加し、とても賑やかな会になりました。

今回の実習では長野県野辺山へ行き、3泊4日のスケジュールでキャベツの収穫やおやきつくり体験、農場女子の方と農林水産省の方との意見交換会やヤツレン牛乳工場視察、酪農体験というとても内容の濃いスケジュールとなりました。

中でも私が興味深かったのは農業女子の方と農水省の方との意見交換会でした。
普段現場の方とはなかなか意見交換する機会がないので今回この場を設けて頂いて、農業の現場に女性を増やすには何が必要か、改めて学ぶことが出来ました。(写真1参照)

そして農業実習として今回キャベツの収穫体験を行いました。普段消費者の私たちが生産者側に立つことで、
食べ物を生産する大変さを、身をもって学びました。(写真2参照)
また、農作業するうえでの農薬のリスクについても信州大学の農学部の先生に教えていただきました。

今回の実習を通して、昨年とは違った新たな視点で物事を学び、これからの農業女子を支える活動をしていることにとても
誇らしく感じました!みなさんも農業を支える活動をしてみませんか?

ページの先頭へ