あつぎキャンパスきまぐれ日記
(厚木入試課Blog)

相模原高校1年生 高大連携講座

10月2日(水)に相模原高校1年生86名が厚木キャンパスに来ました。
相模原高校の1年生に、大学の学びを理解してもらうことを目的として、デザイン農学科 長島 孝行 教授と、櫻井 健志 准教授が講義を行いました。
生物の機能を利用するというキーワードで、カイコガを利用した匂いセンサーや、ハスの葉を利用した布、カイコガの目を利用したフィルムなど、実際に見て触れる体験型の講義でした。
高校生は生物の機能のすばらしさを感じていました。
「農学」という学問の広がりを理解いただけたと思います。

ページの先頭へ