長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

9月実習 1日目

1日目は、五十鈴川圃場でマルチ剥ぎを行いました。五十鈴川圃場は長和のトマトソース作りのために、トマトを育てていた圃場です。 8月実習でトマトの収穫とトマトソース作りをしたため、今回の実習でマルチ剥ぎを行いました。マルチ剥ぎは実習の中でも行う頻度の低い作業なので、初めての学生も多くいましたが、みんなすぐにコツを掴み予定より早く作業を終えることが出来ました。その後、古町にある豊受大神宮に行きました。毎年1月に行われるおたや祭りのお話などのお話しもして頂き、とても有意義な時間になりました。
夜に行うワークショップでは、今回は班ごとに和田、大門、長久保、古町の4つの地区を割り振り、1日目では、それぞれの地区のことについて調べました。どの班も様々な観点から調べていて、2日目の発表がとても楽しみになりました。

ページの先頭へ