農大市場
(学生ベンチャー)

不思議なこと

こんにちは。

みなさんは電車は好きですか。

私は最近、電車を利用するときは最寄駅をあえて乗り過ごして、いつもは使わない駅まで行ってみるのが幸せになってます。

なんでそんなことが好きなのか…きっかけは青春18きっぷでした。

夏、東京から仙台を在来線で往復しました。青春18きっぷを使って。片道の走行時間は約7時間〜7時間半、乗り換えは6回。数字だけ見ると、うわぁ…ってなると思います。しかしいざ乗ってみると、私は案外短く感じました。「次の駅までどれくらいだろう」「この先はどんな駅名が続いてるのかな」など考えたり、路線図を見ているとあっという間に乗り換え地点に着いてしまいます。それの繰り返しで、ふと気づいたら目的地に辿り着いてました。

最初は、7時間も乗るのか〜と憂鬱に感じていましたが、最終的には電車の旅悪くないな、またやりたいな。もっともっと乗っていたいと思ってました。

電車に乗っているとき、決して寝ていたり、スマホをいじったり、本を読んでいるわけではありません。逆に、そういうことをしたくないと思ってしまいます。電車に乗っている自分、アナウンス、上の方にある画面、広告、出入りする人の動き、それら全てを含めた空間を味わっていたいと思うんです。

また、最近は目の前を通過する急行列車を見るのも幸せに感じることに気付きました。銀色の長方形の物体が、一つの方向に向かって高速で、大きな音をたてて沢山の人間を運んでいる…毎回見ていて、なんて異様な光景なんだろうと思います。そして、その速さに惚れてしまうと同時に、走り去ってしまうことへの寂しさが残ります。

と、自分がなんで電車に幸せを感じるのか、文字で起こしてみたかっただけです。

講義やアンケートで「あなたにとっての幸せはなんですか」という問いが多く、今一度深慮してみたらこうなりました。つまり私がこの頃考えていることをたまたまブログに書いたって感じです。




挨拶が遅れてしまいましたが、4月に入社した1年のスイミーです。

ありがたいことにあだ名をつけていただいたので、そのままブログにも使いたいと思います。

では、これからよろしくお願いします。

スイミー



ページの先頭へ