博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

博物館実習レポート「丸沢丸のスズメバチ講座」第2回

 令和元年11月17日(日)、「食と農」の博物館1階映像コーナーにて「丸沢丸のスズメバチ講座」という講演会が開かれました。
 本講演会では東京農業大学の卒業生で現在お笑い芸人として活動している丸沢丸さんがお話されました。当日は、小さなお子様からご年配の方まで幅広い年代のお客様に聴講していただき盛況となりました。

 この講演会はミニ展示「スズメバチってなんで刺すの!?」の関連講座として開催されました。そこで、スズメバチの生態やスズメバチと人間の関わり合いについてお話して頂きました。

 まず、スズメバチとはどういう生き物なのかという所から始まり、スズメバチの1年の過ごし方や成長過程、巣の構造や機能、実際自身が撮影したスズメバチに関する映像や写真について分かりやすく解説してくださいました。特に印象的だったのは、スズメバチの巣に関する話です。巣そのものが雨風を防いだり温度管理を行ったり、虫よけ・耐震性があるなど、多くの役割を持っていることには驚きました。

 次に、先日ご自身が実際に行かれたイベント「くしはらヘボまつり」(岐阜県:11月3日開催)についてお話頂きました。ヘボとはクロスズメバチの別名で、このお祭りでは全国の愛好家たちが自分で育てた自慢のヘボの巣を持ち合い、その重量を競うそうです。
 また、ヘボ五平餅やヘボ飯、地元特産品とヘボの巣の販売もある楽しい交流イベントでもあります。その様子を映像や写真を用いてユーモアを交えながらお話してくださいました。聴講していたお客様も終始驚きながらその様子をご覧になっていました。

 講演会終了後、丸沢さんが持って来てくれたスズメバチやスズメバチの巣など、お子様を中心に観察をして実際に手に触ってみたり、質疑応答の時間がありました。また、バイオリウムにてご著書『超危険! スズメバチLIFE 図解とマンガでわかる最凶生物』のサイン会も行われ、丸沢さんは来てくださったお客様と会話しながら笑顔でサインをされていました。

 今回お話をしてくださった丸沢さん、ご参加いただいた皆様、ご協力してくださった皆様、誠にありがとうございました。

 最後に告知ですが、今回講師をして下さった丸沢丸さんが属するお笑いコンビ「かにゃ」の単独公演が12月8日(日)に新宿バッシュ!!劇場で行われるそうです。ご興味のある方は是非、足を運んでみてはいかがでしょう?

  博物館実習生 森林総合科学科 I.K

ページの先頭へ