あつぎキャンパスきまぐれ日記
(厚木入試課Blog)

脱炭素チャレンジカップ2020 ファイナリストに選出

「脱炭素チャレンジカップ2020」は、多種多様な団体(学校・企業・⾃治体・NPO等)が、⽇々取り組まれている地球温暖化防⽌につながる活動を募集し、最終選考で⼤会の舞台から⾃⾝の活動を発表します。発表を通して、取組のノウハウや情報を互いに共有し、さらなる活動に向けて連携や意欲を創出する「場」となることを⽬指し、2011年から開催している全国⼤会です。

東京農業大学農学部・エリアンサスグループが、「脱炭素チャレンジカップ2020」ファイナリストに選出されました。
2020年2月19日(水)に開催される、「脱炭素チャレンジカップ2020」で、プレゼンを行います。

特に優れた活動を行う団体、企業には、環境大臣賞としてグランプリ(1団体)、金賞、文部科学大臣賞には、社会活動分野と学生活動分野から選ばれた団体に授与されます。

東京農業大学農学部・エリアンサスグループの取組みは、「エネルギー作物のエリアンサスの栽培・利用システムの構築と普及」
エリアンサスというエネルギー原料作物の特性の解明、栽培システムの構築、エネルギー交換と利用に関する研究を、卒業論文を含めて進めています。また、その研究成果を学会で発表したり、学術論文として社会に発信するとともに、農学部のカリキュラムにも反映させています。さらにオープンキャンパスや展示会で紹介し、福島県浪江町での栽培試験を踏まえて提案を行い、現場へのフィードバックを少しずつ進めています。

詳細はこちら
https://www.zenkoku-net.org/teitansohai/

ページの先頭へ