あつぎキャンパスきまぐれ日記
(厚木入試課Blog)

東京農業大学 革新的技術研究 成果報告会の開催

東京農業大学総合研究所主催で12月18日(水)に丸ビルホール&コンファレンススクエアにて革新的技術研究成果報告会を開催しました。
東京農業大学で行っている様々な研究プロジェクトの成果報告を行いました。
農学部からは、農学科の西尾 善太 准教授が「コムギ縞萎縮ウイルスに対する抵抗性選抜用DNAマーカーの開発」というテーマで報告を行いました。
また、情報交換会では、農学部の研究プロジェクトである「農大和牛」の試食会を行いました。
「農大和牛」とは褐毛和種と黒毛和種の人工授精卵を乳牛のお腹を借りて生産した双子の和牛です。その双子に「やよい」と「まちこ」と名付け、「やよい」は、牧草食で、「まちこ」は穀物食で肥育し、食べ物によって肉質などにどのような変化があるかを比べました。
農学部の研究も来場者に向けて、アピールできました。

12月18日(水)夕方のTBS「Nスタ」で紹介されました。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3859234.html

ページの先頭へ