博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

博物館レポート 小・中・高校生向けワークショップ「世田谷の公園やひろばをデザインしよう!」

 令和元年12月14日(土)「食と農」の博物館1F映像コーナーにて、小・中・高校生向けのワークショップ「世田谷の公園やひろばをデザインしよう!」が開催されました。

 このワークショップは、企画展「みどりとの暮らしの舞台演出家/農大ランドスケープデザインNOW&FUTURE展」の関連イベントとして行われました。東京農業大学 造園学科阿部 伸太准教授と福岡 孝則准教授、そしてランドスケープデザイン研究室の学生たちと一緒に「食と農」の博物館前にあるけやき広場を見て、自分たちの考えるより良い公園・ひろばを実際にデザインしました。

 はじめに、企画展示室に行き、実際のランドスケープデザインがどういうものかを先生や研究室の学生が解説してくださいました。公園にはひとつひとつにそれぞれの良さがあり、その良さを地域一帯に散らばせることで世田谷を良くしようとしていることを知ることができました。
 そして、実際にけやき広場に出て自分たちが好きな場所、気になった場所をスケッチしました。寒い中でも参加者である子供たちは熱心に広場の木々や風景をスケッチし、なぜそれをスケッチしたのかをしっかり発表しておりとても感動しました。
 このスケッチを活かしながら、また「こういう遊びがしたいな」「こういうのがあったらいいな」など、自分の考えるデザインを模型にしました。ランドスケープ研究室の学生に手伝ってもらいながら楽しく作業し、実習生である私たちも模型作りに参加しました。模型作りでは、色鮮やかなペンや用紙、芝生のようなシート、木に見立てたミニチュアなどジオラマ用のさまざまな材料を駆使しながら、子供たちは一生懸命に黙々と個性あふれる模型を作っていました。実際に私も一緒に作ってみて、自分の考える広場を模型として作る楽しさを感じ、つい夢中になって時間ギリギリまで作っていました。
 最後に、自分の作った模型についての発表があり、鬼ごっこがしたい、自分では考えつかなかった考えやデザイン、材料の使い方があり、大学生でも十分楽しめるイベントになりました。

 「ランドスケープデザイン」という言葉を初めて聞くと、専門的な難しいことなのかなとイメージしてしまいますが、いかにして地域をより良いもの、豊かなものにするかを自ら考え、その考えたものを実際にデザインしてアウトプットできるという楽しさがこの学問にあるということを、今回のワークショップで知ることができました。

 今回ご参加いただいた皆様、講師である阿部先生、福岡先生、そして研究室の学生の皆様、誠にありがとうございました。
 最後に、2020年2月1日(土)に、トークセッション「自然と文化を織り込む〜尾道からはじまるデザインの原風景〜」が開催されますので、是非ご参加ください。
 また、企画展「みどりとの暮らしの舞台演出家農大ランドスケープデザインNOW&FUTURE展」は4月15日(水)まで開催されております。是非一度足を運んでみてください。


    博物館実習生 食品安全健康学科 K.H、畜産学科 A.N

ページの先頭へ