博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

【実学!】農大ランドスケープデザイン展「戸田芳樹&福岡孝則特集」の楽しみ方

東京農業大学の理念は、「実学主義」。
ということで、開催中の企画展示を観るだけでなく、友達同士やカップル、家族連れ、体力作り…等、様々な方が自分の足で楽しめる「農大ランドスケープデザイン」の実践的な散策プランをご提案したいと思います!

◆9:00  レストランegg で朝食を
1日のはじまりはステキな朝食から。当館の開館は10時ですが、館内のeggは早くからご利用できるのをご存じですか?平日は9時から、土日祝は朝8時からオープンしていて、美味しい朝食とコーヒーを頂けます。窓際の席でけやき広場の木漏れ日を観ながら、街歩きに備えてしっかりパワーチャージしましょう!

 egg東京農大世田谷通り店
 https://www.eggrestaurant.tokyo/

◆10:00 企画展「農大ランドスケープデザインNOW & FUTURE」鑑賞
博物館が開館したら、展示室に移動して開催中の企画展をご覧ください。
3月8日(日)まで、第2部「時代をつなぐランドスケープデザイナー・戸田芳樹&福岡孝則」を開催中です。ともに造園科学科出身で、第一線で活躍する2人のこれまでの仕事を、写真パネルや模型でご紹介しています。

 みどりとの暮らしの舞台演出家/農大ランドスケープデザインNOW & FUTURE
 https://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/exhibits/nodai_scape/

◆11:00 馬事公苑周辺の街作り「うままち」を歩く
世田谷区では、東京オリンピックに向けて馬事公苑界わいの魅力向上に向けた取組み「うままちプロジェクト」が行われており、路上の案内サイン整備等が進められています。足元には馬蹄を埋め込んだブロックも!
用賀駅まで徒歩30分、バスだと10分(等12・渋22「用賀駅行き」)で着きます。

 世田谷区 「馬事公苑界わい」まちの魅力向上構想
 https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/sumai/004/003/d00152626.html

◆12:00 話題のスポット「南町田グランベリーパーク」へ
用賀駅から田園都市線で南町田に移動しましょう。
作秋まちびらきが行われたばかりの「南町田グランベリーパーク」、こちらは福岡孝則先生(Fd Landscape主宰)が風景設計を手がけたプロジェクトです。駅を出るとすぐ、午前中に展示で見た公園模型が実際の街となって目の前に!
公園を核とした「すべてが公園のような街」がデザインコンセプトで、パークプラザの屋上からは、再整備され過ごしやすくなった鶴舞公園から遠くに富士山まで望むことができるそうです。商業施設と公園の緑が一体となった景色を眺め、憩いのひと時を過ごしてみては?

公園でお弁当を広げたり、ランニングをしたり…腹ぺこの学生諸君は、商業施設で某フライドチキンの食べ放題に挑戦するのも良いでしょう。

 Fd Landscape 《南町田グランベリーパーク》
 https://www.fd-landscape.net/projects/minami-machida-grandberry-park/

◆15:30 「二子玉川公園・帰心園」でまったり
再度、田園都市線に乗って一路二子玉川へ。
駅からショッピングセンターを歩くこと数分で着く二子玉川公園には、本格的な回遊式日本庭園である「帰心園」があります。こちらは、戸田芳樹先生による設計。東に国分寺崖線、西に多摩川を望み、公園の植生、庭園の緑が一体となった風景を楽しめます。
公園のビジターセンターでは、川辺の生きものの展示もあって赤ちゃんからお年寄りまでほっと一息つくことが出来ますよ。
多摩川に沈む夕日を眺めながら、充実した1日を振り返りましょう。

 戸田芳樹風景計画 《二子玉川 帰心園》
 http://www.todafu.co.jp/works/theme/landscape_history/122.html
 区立二子玉川ビジターセンター
 https://www.ces-net.jp/futako-tamagawa-park/


戸田芳樹先生&福岡孝則先生のランドスケープデザインの業績を振り返った、企画展第2部の展示は3月8日(日)まで。
ぜひ上記プランを参考に、実地見学のフルコース付きでご堪能下さい!

ページの先頭へ