エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「裏綾掛けイボ結び」。

本日の本科野菜管理も、盛りだくさんの項目がありました。

写真 Ш能蕕硫歛蠅蓮▲肇Ε皀蹈灰靴悗了拊賣てと誘引でした。
各班実習台で「裏綾掛けイボ結び」の練習を行った後、支柱をもって圃場で実践。
「右下、右上、左下〜、くぐってお迎え左上〜。」(綾掛けの「歌」は皆さん覚えていただけましたか?)
「その後は、短い方を上にして〜?」(頑張れ〜!結びが緩いと横支柱がズレ落ち、
そこに止まったカラスにとってはコーン・レストランのスツールになっちゃいますよ!)

写真◆Ъ,蓮崚心」を。
トマト3品種とキュウリは、支柱のてっぺんより上まで成長しました。
トマトは摘心して脇芽をしっかり切除しました。
「えっ、これどっちが脇芽!?」ってくらい、どの班でも2週間伸びた脇芽にビックリでした。

キュウリは摘芯した場合、子ヅルの摘芯は行いません。
エネルギー(成長ホルモン?)の行き場をなくすと、実の生育が阻害されるそうです。

写真:マメ類以外は追肥を行いました。
本日からの肥料は「NK化成肥料」です。濃厚です。
多すぎないようにしっかり計量しました。

写真ぁ本来ならマルチングフィルムを捲って畝肩に施肥したいところでしたが、時間がなく、
通路にムラなく播いて中耕して馴染ませました。

トウモロコシのアワノメイガ、エダマメのマルカメムシ、ウリ科へのウリハムシ…
害虫が大喜びで飛び回っています。こちらの防除も確実に頑張りましょう。

数班で素晴らしい「庄屋大長ナス」が収穫されてました!
さらに上質の「ふわトロナス」を狙って、「今日は堪えて、来週までガマン!」の班が…。
(ナイス判断です。きっと大当たりですよ!)

ページの先頭へ