情熱ひろば
(国際農業開発学科)

No Food, No Life 開発学科 ヤムの研究進行中

肥料を与えなくてもよく育つヤムイモがあるのはなぜか?

この疑問をとく、ヤムイモに共生する窒素固定細菌の研究をタイからの留学生が進めています。
写真は窒素固定細菌の培養の様子です。

窒素肥料は重要な肥料成分だけど、化石燃料を使用しないと製造できないので、肥料を使うことは二酸化炭素の排出を伴います。ところが、大気中の約80%を占める窒素ガスを植物に提供でき、植物生育に必要な量を与えられる微生物がいたら、化石燃料のエネルギーで作る化学肥料使用量を減らしても作物を育てられることになります。

ページの先頭へ