情熱ひろば
(国際農業開発学科)

2020年10月4日オンラインセミナー ソーシャルビジネスで国際協力

10月4日のオンラインセミナーのトピックスは国内にいながら国際協力に携わる

ボーダレスジャパンの内山さんが国際協力につながる仕事をしたいと思ったのは高校生の時にスタディツアーで行ったカンボジアがきっかけ。そこで農家なのに、自分たちが作った作物を換金しなくてはいけないので、食べられないという現実を見たときだそう。

1年間のインドへの有機農業を学ぶための留学を経て、帰国後現在の会社が自分のやりたいことにぴったりだと思い、働き始めたそう。入社して4ヶ月でミャンマーにゆき、必要な場所の選定、支援の方法を考え、試験圃場を作り、栽培を現地のエキスパートに頼んで、村全体でハーブを無農薬栽培してもらい、それを適正価格で買取、日本で売られているバーブティよりずっと高い価格で販売。そのためのマーケティングも勉強したそう。

ソーシャルビジネスも国内にいながらできる国際協力の方法です。

ページの先頭へ