エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

本科新宿御苑見学

こんにちは、圃場担当のU職員です。

11/13(金)、本科生の新宿御苑見学に同行しました。
U職員はA班、O出主任講師とN職員はB班に同行しました。
カメラを持っていたのはU職員なので、写っているのはA班の方だけです。

最初にインフォメーションセンターの2階で新宿御苑やGAC(グリーンアカデミークラブ)についての説明でした。
このGACは、新宿御苑でグループにわかれて活動しており、グリーンアカデミーの現役生と修了生で構成されています。
そんなGACスタッフの皆さんに引率・説明してもらいながら菊花壇展や、里山歩きを楽しみました。

午前中A班は菊花壇展の見学からスタート。
バックヤードで育苗中の菊や種子等を見せていただきました。
広い敷地で、すごい数の鉢物の菊が育てられています。
その中でも展示されるような個体はごくわずかだそうです。
一次審査、二次審査、三次審査といった感じで、どんどん厳選されてその中から選ばれしものが展示される仕組みだそうです。
一次審査を通過した菊鉢の前には竹の棒のようなものが立てられていました。
棒が立ってなくてもキレイな菊がたくさんありましたが、
エリートへの道は険しい・・・ということですね。

午後は里山歩きです。
「母と子の森」という場所を案内してもらいました。
やっぱりかなり広いです、そして道の無い場所を歩いたりします。
でも普段入れないような場所を歩くのはワクワクしますね。
里山班はこの「母と子の森」の維持管理作業をするグループです。
新宿にもたくさんの動物が生息していて、多くの鳥類や昆虫類などが新宿御苑に集まってくるようです。
そんな動物のための環境づくり等も仕事の一つなのですね。
写真 カブトムシ・クワガタのためのベッド。
絵まで描いてあるし、表現がかわいい(笑)

写真 苑内を歩いているときにシラサギ?に遭遇しました。

GACスタッフの皆様、楽しく見学することができました、ありがとうございます。
来年一月の実習も、よろしくお願いいたします。

今回の見学もお疲れさまでした。

ページの先頭へ