アンダンテ
(管弦楽部)

ライブラリアンの独り言

 ライブラリアン役員、のっち がお届けする「ライブラリアンの独り言」。第6回のテーマは“BGMをオーケストラからみる”です。
 
 さて、皆さんはテレビドラマやアニメ、映画のBGMを意識して聴いたことはありますか?実はあの何気ないBGMも注目してみると非常に面白いものです。
 
 私が最近観ていた海外ドラマで、韓国ドラマ時代劇「100日の郎君様」(制作:スタジオドラゴン)という作品があります。
 あらすじは割愛しますが、一言で魅力を言うならば「韓国ドラマ時代劇の良さが全て詰まっている」と言ったところでしょうか。
 BGMの方を見てみましょう。この作品のBGMの魅力の1つは、「西洋楽器と朝鮮の伝統楽器のコラボレーション」です。テーマ曲など多数の曲で伽耶琴(カヤグム)や大笒(テグム)などが登場し、西洋楽器と共に旋律を奏でています。
 このBGMの演奏はチェコ・ナショナル交響楽団が行っています。
 このオーケストラは1993年に創設され、プラハを拠点に活動し多数のCDを出しています。
 さて、勘のいい方はここまでの情報でピンときたかもしれません。
 スタジオドラゴンと言えば、最近話題の「愛の不時着」の制作会社でもあります。
 そしてスタジオドラゴン×チェコ・ナショナル交響楽団の組み合わせは、ドラマ「秘密の森」でも見られます。
 もし「愛の不時着」がきっかけで韓国ドラマに興味を持ったなら、「100日の郎君様」もあわせて観てみてはいかがでしょうか?ストーリー、BGM共に魅力的な作品です。
 
 さて日本の作品を見てみましょう。
 スタジオジブリ作品などの音楽で有名な久石譲氏のBGM音楽は、多くのプロオーケストラが演奏をしています。
 「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」では新日本フィルハーモニー交響楽団、「風立ちぬ」では読売交響楽団、「かぐや姫の物語」では東京交響楽団、「男たちの大和/YAMATO」では東京フィルハーモニー交響楽団、「坂の上の雲」ではNHK交響楽団と東京ニューシティ管弦楽団、などとなっています。
 ここに挙げた作品はあくまでも一例です。久石作品に限らず、まだまだ沢山の国内外プロオーケストラによって演奏された作品があります。
 国内ドラマのBGMを海外オーケストラが演奏した例として、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団はドラマ「北の国から」や大河ドラマ「風林火山」「軍師官兵衛」でのBGMを演奏しました。
 
 ぜひ映画やドラマなどを観る時には、BGMにも注意して観てみてはいかがでしょうか?そこには新しい発見があるかもしれませんね。
 
🎶ご意見ご感想は管弦楽部公式Twitterまでお願いします🎶
 

ページの先頭へ