エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

欲張りさんは…?

気温はそれほど上がりませんでしたが陽射しに恵まれ、ポカポカの中で本科野菜実習がありました。

本日の課題は、空き畝の再構築、播種、潅水から防寒トンネル展張と、
先々週と先週播種した畝の間引き、追肥、そして引き続きの収穫がありました。

写真 中央にキャベツを育てていた畝を立て直し中です。
「何播こうかしら〜。」
「アブラナ科の跡だから、Y先生のお薦めはホウレンソウですって。日本ホウレンソウ。」
「あ〜、種あったわね。名前は『五郎丸』だっけ?」
「そうそう。」(「次郎丸」です…。)

写真◆В家匹曚浜瀋イ蠅気鵑見られました〜。
最後に畝を直したところには、比較のためにマルチングを施さず播種は筋播きです。
なんと、5条に筋播きする班が!
「基本は3条ですが、う〜ん。どうなりますかねぇ。チャレンジしてみてください」
とY先生はニコニコ。
(間引きは大変そうです…。)
この畝に、3本目の防寒トンネルを展張しました。

写真:こちらのトンネル下では、先々週に播種した葉物が見事な発芽を見せていました。
ホウレンソウがい〜っぱい!(ホウレンソウ農家さんの畝みたい!)

写真ぁД蝓璽侫譽織垢まだまだ頑張っている班もあります。
ニョキニョキと伸びて、そろそろ「ヤシの木」状態ですね。
花芽が出てきてしまいましたね。

写真ァ防寒トンネルを展張した畝には、雨でもなかなか水が入りにくいものです。
発芽前からまだ本葉の出ないうちは、しっかり潅水してあげてください。
「トンネル被せた畝のコマツナは、先に播いてトンネルしてないヤツより大きくなっちゃったよ!」
(ナイス観察眼です!)

写真ΑГ海舛蕕糧匹任呂見事なコマツナと紫カラシナを収穫。ピッカピカです。
Y先生からも「美味しそうですねぇ。食べたくなっちゃいますねぇ」と、お褒めの言葉を頂きました。

本格的な寒さを迎え、管理方法も変わってきます。
これからも頑張ってくださいね。

ページの先頭へ