エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

専科実習 門松

今日の専科は造園コースが午前から、野菜・果樹・草花コース午後から実習を行いました。

まずは造園コースから。
本日の実習ではE先生・Y先生ご指導の下、丸一日使って門松作りを行いました。
門松には「梅結び」という結び方で飾りつけをしました。
梅の花は「冬を越えて春に先駆けて咲く花」として、昔から縁起の良いものと言われています。
それを縁起物である門松に飾りつけます。
この「梅結び」が難しかったため、皆さんかなり苦戦しました。

写真ぁ〔臂召隆粟品と一緒に記念撮影。
門松の下の方にある縄で作った飾りが梅結びの飾り。
小さいサイズの門松も一対、圃場用で作ってもらいました。

果樹コースは本日の実習でモモの剪定を行いました。
写真ァ.離灰リを使ってモモの剪定をしております、切り口にはペーストの殺菌剤をしっかり塗りました。

野菜コースは先週からの続きで土室上の棚作りと収穫を行いました。
写真Α.灰泪張兵穫の写真、奥にも収穫できそうなのが沢山ありますね。
写真А,海舛蕕藁派なネギです、一人何本ぐらい持ち帰りなのでしょうか。

草花コースの本日の実習担当はH先生です。
H先生担当の日は、朝8時過ぎから花壇を撮影されています。
その時間の花壇がお気に入りとのことで、職員より朝早いこともあるぐらい。
明日の本科午前講義もH先生が担当してくださるので、専科花壇の見学時間があるかもしれません。

今日の実習もお疲れさまでした。

ページの先頭へ