アンダンテ
(管弦楽部)

ライブラリアンの独り言

 ライブラリアン役員、のっち がお届けする「ライブラリアンの独り言」。今回は特別編です。テーマは“古典芸能”です。
 
 古典芸能と言っても様々です。雅楽、能、歌舞伎、文楽、日本舞踊、邦楽、落語、講談などです。
 
 さて、皆さんは古典芸能をどのように感じていますか? 「堅苦しい」や「難しい」などと、敷居が高く感じている方も多いかと思います。
 しかし全てが全て難しいなどということはありません。落語や講談はもちろん現代の言葉で演じられますし、文楽は台詞の字幕が舞台の脇に表示されます。意外と専門知識がなくても楽しめるのです。
 
 まずは歌舞伎です。
 歌舞伎は言わずと知れた日本の伝統芸能かと思います。最近ではテレビドラマ「半沢直樹」の影響で、歌舞伎に興味を持つ方も増えたそうです。
 歌舞伎の演目は時代物が多いですが、現代ものや漫画作品、アニメ作品などを歌舞伎化したものもあります。
 スーパー歌舞伎兇任蓮屮錺鵐圈璽后廖⊃刑邁良餞譴任蓮◆NARUTO」や「風の谷のナウシカ」が公演されました。
 また三谷幸喜氏が脚本・演出をした、喜劇要素の取り入れられた「決闘!高田馬場」などの作品もあります。
 最近は映画館で観る「シネマ歌舞伎」というものもあります。「シネマ歌舞伎」の良いところは、歌舞伎作品を2時間程度にまとめられている、高画質で見せ所をアップで観られる、など普段の映画のように歌舞伎を楽しめます。
 歌舞伎を気軽に観る方法は2つあります。一つは「シネマ歌舞伎」、もう一つは「一幕見席での鑑賞」です。一幕見席とは歌舞伎座4階にある席で、一幕だけの鑑賞などで安く気軽に観られる席です。(*ただし、公演によっては一幕見席の販売が無い場合もあります。)
 皆さんもぜひ気軽に歌舞伎デビューしてみてはいかがでしょうか?
 
 次は落語です。
 落語を演じるのは落語家と呼ばれる方々です。落語家といえば、故 桂歌丸師匠や故 5代目三遊亭圓楽師匠、春風亭一之輔師匠や林家たい平師匠を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。
 実は東京農業大学にゆかりのある落語家の方もいらっしゃいます。5代目春風亭柳好師匠です。この方は農大落語研究会に所属されていたそうです。笑点にも何度か出演されているのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。
 落語の噺は様々なものがあります。噺の舞台は江戸から明治・現代まで、内容は滑稽ものから人情ものまで様々です。そして一番面白いのは、同じ噺でも落語家さんによって多少の差異があるところです。その時の流行り文句や時事にまつわる文句が登場するなどのアレンジがあります。
 落語は寄席と呼ばれる場所で日常的に演じられています。東京では新宿末廣亭や国立演芸場、大阪では天満天神繁昌亭、などがあります。
 寄席では落語の他に、講談や漫才、太神楽、曲芸などが演じられています。寄席では 落語→漫才→落語→落語→講談→太神楽→落語 と、このように交互に様々なものが演じられます。このため、ずっと居ても飽きる事がありません。
 ぜひ時間に余裕がある時に寄席に足を運んでみてはいかがでしょうか。笑いは元気の源です。
 
 
🎶ご意見ご感想は管弦楽部公式Twitterまでお願いします。🎶

ページの先頭へ