アンダンテ
(管弦楽部)

ライブラリアンの独り言

 ライブラリアン役員、のっち がお届けする「ライブラリアンの独り言」。今回で最終回です。
 
 8月に第1回が公開され、様々なテーマで続いていましたこの連載記事も今回で一旦終わりとなります。
 それではここで今までの記事を振り返ってみたいと思います。
 
 第1回:「記念公演」をテーマに、長崎原爆の慰霊コンサートについて
 第2回:「オンライン演奏」をテーマに、コロナ禍でのオーケストラの新しい演奏方法について
 第3回:「ブルックナーの交響曲第8番」をテーマに、それにちなんだことについて
 第4回:「フィリップ・ジョーンズ・ブラスアンサンブル」をテーマに、このアンサンブルグループや曲について
 第5回:「私の推し曲」をテーマに、私 のっち の推し曲について
 第6回:「BGMをオーケストラからみる」をテーマに、BGMとオーケストラについて
 第7回:「BGMとクラシック」をテーマに、BGMがクラシック音楽として演奏された作品について
 第8回:「私の推し曲part2」をテーマに、第5回に続いて私 のっち の推し曲について
 特別編:「古典芸能」をテーマに、歌舞伎や落語について
 そして今回の最終回は今までの総括です。
 
 いかがでしたでしょうか。真面目そうなテーマからエンタメなテーマまで色とりどりの全10回でしたね。
私自身このまとめを書きながら、「こんなに書いたのか」と驚きました。
私は元来の筆不精なので、こんなにもたくさん書いたことは初めてです。 そして何より、自分の好きなことを自由に沢山書いたことも初めてでした。
 
 今年は部の活動自体ができず役員の仕事がほとんどできませんでした。ライブラリアン役員として、譜面や部のCDの整理をしたかったのですが全くできませんでした。
しかし、できなかった分のエネルギーをこの場で発散できました。そして楽しませていただきました。
 
今回で のっち による「ライブラリアンの独り言」は一旦終わりとさせていただきます。
 
半年間お付き合いいただき、ありがとうございました。
またいつかお会いしましょう。
 
2020.12.31.
ライブラリアン役員 のっち
 
 
🎶ご意見ご感想は管弦楽部公式Twitterまでお願いします🎶

ページの先頭へ