農大市場
(学生ベンチャー)

春休み

こんにちは!オレンジです

2月になりました。
一昨年は遊びすぎて、去年は逆に暇すぎてという2月でしたが、今年の2月はそこそこ予定が入っているもののスケジュール的には多少余裕があります。心の余裕はまるでありません。正直将来のこととか何も考えずにずっと生きていきたかったです。

今月のお題が地球の環境問題ということで、私の環境問題に対する意見を述べたいと思います。
学科名にも環境が入っており、所属している研究室も環境関連の研究を取扱っていることもあり、大学で耳にすることが多い環境問題。
特に私は研究室活動で食品ロスに関する調査をしたので、そちらに関心があります。

私が小学生ぐらいのころから、「地球温暖化」や「エコ」という単語を聞くことが多くなってきました。最近ではレジ袋が有料になったことは記憶に新しいのではないでしょうか。

何のために環境問題を考えなくてはならないのか、ということを意識したことはありますか?私は昔、「未来に生きる人類のために」だと誰かから聞いた覚えがあります。
環境問題とは、文明の発展と生活の便利の代償であると個人的には思います。

しかし、環境問題と大きく言ってもいろいろな事柄があると思います。
有名なものであると、地球温暖化対策、飢餓飽食の問題、異常気象、森林伐採、、人口、海洋保全…とりあえず今思いつくのはここら辺ですが、このほかにもたくさんの環境問題が存在します。

私個人の理想ですが、ここまで先進国の技術が進化したので環境に配慮しつつ便利な生活は実現可能だと思います。しかし、それが実現することには地球は存在しないかもしれませんね。

現在たくさんの企業が環境に配慮した製品を作ったり、事業を行っています。決して今の地球の状態は良好とは言えなくても、希望はあるのではないでしょうか。

また、自身の卒論も地球の環境問題に関連して調査しているので、さらに環境問題について理解を深める必要があります。
ここまで長々と文章を書いていますが、私の頭の中にあるのは「眠い」という感情のみです。上の文章はすべて特に意味はありません。環境問題は非常に広い問題なのでよく理解できてません。ぜひ調べてみてほしいです。
ひとりひとりの心掛けが地球にとって大切だと思います。

ではまた来月お会いしましょう

ページの先頭へ